スポンサーサイト

  • 2017.02.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    (ああ、麗しの…。。)塩田平

    • 2012.03.14 Wednesday
    • 16:28


    いきなりですが、去年の11月に行った長野・上田と別所温泉の間にある塩田平の風景です。写真は、中禅寺入り口にあるバス停の辺りから撮ったもの。ここがねぇ、またいぃ〜んですよ。本当に、いい。

    上田から丸窓の別所線に乗り込んで、塩田町という駅で降りると別所温泉まで遊歩道があります。そこをとことこ歩いていくと、いろんな古ぅ〜いお寺があったり、古ぅ〜い神社があったり、塩田城趾なんかもあって、しかも眼下を見下ろす塩田平の景色のすばらしいこと!歩いていても気持ちがよくて。この時は重いリュックも一緒でしたけど。塩田平から別所温泉にかけては信州の鎌倉と言われる所で、鎌倉から室町時代にかけてたくさんの神社仏閣が建立され、もっと昔からも温泉地であることから和歌集にも載ってたり、とにかく古ぅ〜いんですよ。しかも、本家の鎌倉よりずっと風情があって。。(笑)(私、鎌倉にも住んでたことあるんで、わかります。(・・;))

    中禅寺の屋根は瓦でなくて茅葺きになってて、本当に趣があります。それ見るだけでもふわぁ〜と思うのに、その隣にある塩野神社、これがまた古くて。

    塩野神社にその時いたのは私だけだったんですけど、一歩その鳥居をくぐると何か別次元のものすごい威厳みたいな感じがして、その時この神社に関する知識は全くなかったんですけど”わぁ〜、これはすごい所だ”と。鳥居をくぐるとすぐに太鼓橋があり、『鳥居と拝殿の間に川があるなんて初めて。』とか思いながらものすごい威厳も感じつつ橋を渡りました。拝殿は珍しい2階建て。”楼閣造り”と言われるものだとか。

    後で聞いたところによると、この神社はものすごく古い神社で、平安時代からのもととか。武田信玄が朱印状を奉じて、武運長久を祈ったそうです。60年に一度何かのお祭りがあるそうなんだけど、60年も間が開いてしまうとその祭りの継承の問題も出てるそうで。。何年か前にそのお祭りに出会った方が、『あの時はものすごい人が来てた。』と言っていました。私が行った時は観光シーズンにもかかわらず、私しかいなかったんですけど。古いものを残すのって大変なんだなぁ、と思います。

    でもこの塩田平、また今度は絶対に塩田町から別所温泉まで全行程歩きたい!と思った場所です。本当にいい所。

    なんで上田こんなに好きなんだろう、私。(謎)

    あけましておめでとうございます。& 信州上田 2011年編 vol.2

    • 2012.01.03 Tuesday
    • 17:01
    あけまして。すいません。(・・;)
    このシリーズを去年のうちに完結させなかった私の無精さをお許しくださいませ。

    ということで、このシリーズで紹介したかった場所はたくさんあるんですが、どうしても紹介したかったお店はあとをとりあえず(・・;)書いておきます。実際に歩いてものすごく感動してまた来なきゃと思った場所に関しては、また今度。

    この前書いた上田のル・ヴァン。このお店がある北国街道・柳町に私の大好きな酒屋さんがあります。酒屋、と言っても私はお酒が飲めないのでお酒を買うわけではなくて(T_T)、それ以外に食べ物とか化粧品(!)とかTシャツとかも置いてあるんで、飲めない私でも楽しめます。

    酒屋さんのお名前は"岡崎酒造”さん。
    飲めないのにそんな所に行ったきっかけは、ここをお読みください。もっと遡ると、一昨年夏、軽井沢に行かなかったらここに来なかっただろうし、あの寮に住まなかったら上田に興味を示さなかっただろうし、サマーウォーズにもそれほど興味はなかっただろうし…という、いろいろ巡り合わせを感じる場所です。

    今回、上田に入ったのが夕方で、柳町のル・ヴァンで夕食を食べようとしたらもうお店を閉めようとしていた時間で、仕方なくこのお店を覗いたら、まだやってたんで思わず入ってしまいました。理由は、ここで売ってる地酒ケーキが超おいしかったのと、友人のiさんが送ってくれたこのお店の自家製という粕漬けがものすごくおいしかったのとあったんです。おいしさに連られて、、、ってことでしょうか。(・・;)

    お店の中に入ったら、この前のおばあさんらしき人ではなく、とても美人の若奥さんって感じの方が出てきてくださいました。で、私は早速お店の中を物色すると、欲しいものがたくさん。酒屋さんなのに。(笑) 例の地酒ケーキはもちろん、甘酒もかわいい瓶に入ったのがあったし、とてもおいしかった粕漬け、ちょっと粋なTシャツも欲しかったり、、、若奥さんはただにこにこして私が物色しているのを見守っててくれました。そこがまた嬉しかったりして、思わずあれもこれもくださいってことになって、、、旅初日なんだから、予算のことも心配しなきゃいけないのに。(・・;) 買ったのは、若奥さん曰く「10時間(お酒で)煮込みました。」という梅甘露、粕漬け、地酒ケーキ、そしてふっと横を見ると置いてあった、酒エキスのミルクローション。お値段聞いたら私のスタンダードよりちょっとお高めだったけど、手に取ってみたらローズの香りがふわっと香ったので、思わず。(笑) いつもそれを使ってるという若奥さんのお肌を見てきめ細かくていいかも、と思ったのもあります。。ここの酒蔵で出るお酒のエキスが使ってあるそうです。ここの酒屋さん、多分若夫婦がいろいろ考えていろんな製品を作ってるんだと思うんだけど、なかなかセンスあるなぁーと思います。梅甘露は見た目地味で酸っぱそう…としか思えないんですが、梅エキスが煮込み最中にお酒にしみ出した模様で、風味が本当にいい。水飴も使ってあって酸っぱくもないし。ローションもしっとり感が長く続いて、普通のローションともひと味もふた味も違います。ただ、地酒ケーキとかこの酒エキス化粧品シリーズは、通販してないんだそうです。残念ですが。



    さて、この次書こうと思う場所の画像をば下に。。


    信州上田 2011年編 vol.1

    • 2011.11.11 Friday
    • 19:20
    去年の夏。軽井沢で出会った友人に、『luteaさん、上田に行くべきよ。』と言われて、真田一族ゆかりの地・信州上田に行くことになった。そうしたところ、これがまた大変な上田ファンをここに作ってしまったわけで。(笑) 上田のことを考えただけで切ない感じがするんですよ。あそこに戻りたい、と。なぜだかわからない。全く初めて行った土地だったのに。で、今年ちょっと遅くなりましたがまた行くことにしました。今回は時間に余裕がなかったので、上田近辺の是非行きたい場所をピンポイントで決めて、お世話になった軽井沢には寄らず、行ってみたかった小諸にも寄らず、loveな上田にどっぷり浸かってきました。天気もそれほどよくなく、行きたかった場所全部に行けたわけでもないけど、滅多にないような感動する景色、威厳に満ちた場所、それと素敵な体験を堪能させてくれた上田。よかった。本当によかった。(^^)

    ☆是非行ってみて上田!☆
     上田駅を出てすぐの信号で立ち止まり、ふと左側を見ると信州特有の高い山がどん!と立ちはだかる光景が見えます。私はこの山の景色が大好きで、大好きで。。この景色が観たくてここに来た、というのもあるんですが、なんと今回あの山が見えないほどのどんよりした天候。残念。そして、上田駅前からのまっすぐ正面に見える高い山も見えなかった。(当然ですが、、)残念でしたね。でも、上田駅前の信号を左に曲がってお城方面に続くちょっと曲がりくねった登り坂は、やっぱり何かわくわく感を誘います。好き好き。坂を登りきった左側に上田城があります。今回、紅葉まつりとかで、真田の赤い甲冑を着た人や紙芝居なんかをやってておもしろかったんだけど、私が間抜けだったのは、その日、11:30頃から真田の鉄砲隊が砲撃実演をしたらしく、そのことを知ったのはなんと上田を離れたその晩で。。知ってショックでした。はい。その時間、上田にいたのに。でも、食事をしてたんですけど。




     上田城
     甲冑試着会と紙芝居の図   





     上田市役所前通り
      真田十勇士立て看板群  

      



      読みながら歩くのもまた楽し  





     上田・柳町のル・ヴァン
      大きな窓から見えるお庭  





     ル・ヴァンにて
      豆の料理とパン&スープ  





     ル・ヴァンのパン 
      朝食にしました。(笑)
      噛めば噛む程味が増す  



    信州上田・柳町にある天然酵母のパン屋さん&信州の恵みがいただけるレストランは → <ル・ヴァン & ルヴァンターブル>。ここの夕食は早めに行ったほうがいいです。上田は町全体に早く閉まってしまうお店が多かった。。(ちょっと寂しい。)

    信州上田のお話は… to be continued...

    『こいこいマップ』の答え

    • 2010.10.06 Wednesday
    • 22:23




    もう、信州上田でこの“こいこいマップ”のスタンプラリーは終わってると思うので、完結したスタンプのオールスターをご紹介しますね。このスタンプを押す欄の隣に、「上田をめぐろう。」とあり、その下に「地図上のスタンプ印のところへ行ってスタンプを押してみて!全部押すとなにかがそろう・・・?」と謎かけがありました。なんだろう?とは思っていたんですが。。行ったところは、『池波正太郎 真田太平記館』、『岡崎酒造』、『上田駅』、『別所温泉駅』、『北向観音』、『上田市観光会館』の6箇所。答えは上の6枚ですが、謎かけの答えは花札にありました。

    でもこれって、花札を知らない人にはよくわからないことでして・・・。(・・;) (『サマーウォーズ』の中にこの答え、出てましたか・・・?覚えてないんですが、、)で、調べてみました。“こいこいの遊び方”によりますと、この5枚がそろうと“五光”といい、15文儲けということらしいです。一番たくさん儲かる組み合わせらしい。。(“こいこい”知ってる方、合ってます??)

    ということでした。
    『サマーウォーズ』の中で、ナツキちゃんがこいこいの勝負してましたねぇ。。

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ


    信州上田フィルムコミッション

    • 2010.09.28 Tuesday
    • 16:03
    長野県上田市は、昔からよく映画・ドラマの撮影地とされてきた歴史があって、今では撮影のために市をあげて協力体勢にあるみたいです。その活動の本部が“信州上田フィルムコミッション”。最近よく耳にするのは山形のフィルムコミッションが頑張って映画撮影の仕事を取り、割と成功している、と。“たそがれ清兵衛”に始まって藤沢周平作品のいくつかとか、“おくりびと”他諸々、最近は“十三人の刺客”もそうだとか。。(庄内のフィルムコミッションのすごいところは、“庄内映画村株式会社”と“株式会社”にしてちゃんとやってるところ。他のところは、市の観光課とかNPOとかがやってるんだけど。)庄内映画村ほど派手ではないですが、信州上田フィルムコミッションは上田市の観光課が音頭を取って割と活動的に動いているようです。今までロケとして提供した場所も、最近のものも多いし。ここ、見て下さい。

    フィルムコミッションの仕事とは・・・
    ☆ロケ場所を紹介 & ロケ場所のロケ用環境を整える(住民や自治体・企業等との協力要請)
    ☆エキストラを紹介
    ☆ロケ弁・ケータリング等業者の紹介
    ☆宿泊施設の紹介
    ☆機材・備品等のレンタル貸し出し
    ☆他、各種許可申請の代行及び仲介などなど

    つまり、フィルムロケをするためのバックアップを全面的に支援する、というものらしいです。

    で、ここからが興味深いところなんだけど、そこから上田市にどういう利益があるか? これが、いろいろあるんですね〜。

    ロケ先には必ずお弁当・ケータリングが必要なので、地元のお弁当業者さんに収入が入ってきます。そして、同じことが宿泊施設にも起こる。ロケは長丁場になることもあるので、そういった場合、お弁当屋さんや宿泊施設はとても助かる。で、ロケした映画・ドラマ等がヒットすれば、ロケ場所を提供した上田市の知名度も上がり、ロケ巡りをしに観光客がやってくる。(大ヒットだと、押し寄せる場合もある。)そして、観光業が潤い、市には税金が入ってくる・・・と。(笑)

    町が潤うって、そういうことで潤うっていいことだと思うんだけど。
    いわば、自分達のいい所(強み)を提供して、その見返りに知名度も上がり、収入も上がり、となると、やっぱりいいですよね。

    この動きは『庄内映画村』の成功を見て、全国的に広がってるようで、今や全国にフィルムコミッションができている模様。⇒ ジャパン・フィルムコミッション ただ、わが愛知県のバックアップ体制の貧弱なこと・・・。ちょっと前まで“日本一元気な街”とか自分で言ってた名古屋や、某ト○タを頂点とする自動車産業の隆盛とか、そういうのに乗りかかって依存しすぎていた愛知。。うちの町もそうなんですけどね。先人が用水を引いてくれたおかげで農業でもかなり潤ってるわが町。おかげでトヨタショック以降でも、のほほーんとして町を良くしようなんてこれっぽっちも考えない。潤沢なト○タからの税収で、放っておいたらほとんど役に立たんハコモノばっかり造りよってからに。農地を持っていた人も売るか貸すかして、アパートだらけの町になってる。おかげでどこもかしこも開発の嵐で、昔の美しい田園風景の面影がどこにもないことになってきている。(自然たっぷりで自然保護をしている軽井沢から帰ってきたので、この町にはほんとにイライラする。)ま、そんなこんななんで、愛知はほとんどそういうことで町を潤そうとは考えていない模様。

    北野武の“菊次郎の夏”で、地元の海岸地帯でロケをした、というのがあった。地元が映画になるって、本当に嬉しいことなんだけどな。フィルムになると、改めて自分の町のいいところを観ることができるでしょう。そういう経験、いいと思うんだけど。

    信州上田・別所温泉 その3 山の上のおそば屋さんに行く

    • 2010.09.24 Friday
    • 18:35
    別所温泉の北向観音にお参りして、境内から見える上田の街を眺め、そうしたらお昼だったんですね。で、駅にあった地図を頼りに上田の柳町にあった“おお西”さんの別所支店を探して山の坂道を歩くわけですよ。でもその地図本当にわかりにくくて、うろうろしてもたどり着けそうにない。暑いし、別所温泉て坂道ばっかりでかなりきついので、思わず電話しました。おお西さんに。で、私達、真反対の道をうろうろ歩いていたことが判明し、歩きやすい道を教えてもらって、また出発。

    その途中に広がったこの光景。(^^)
    (広範囲の写真じゃなくてごめんなさい。)



    蓮池。
    しかも、白い花。。
    山の一角に突然現れたオアシスみたいなところ。
    しかも、これ、観光マップに載ってない!!
    うわ、素敵。。
    これが満開だったら、きれいだろうなぁ〜。。
    ほんと、こっちの道教えてもらってよかった。(^^)
    でも、満開じゃないのが残念。。
    今度は、満開の時期にも来たいな。

    素敵な山道でした。
    この蓮池のところは平坦だったんですけど、その後暑い中上り坂を登ってしばらくすると山の上にぽつんと建つ古民家に到着。山の上のおそば屋さん、いい感じ。

    中はこんな風。



    柳町のおそば屋さん“おお西”さんの別所支店です。
    今度は、この前食べなかった“おお西”さんご自慢の“発芽そば”を注文。
    おいしかったです。ちょっとねっとりとそばの味が濃い感じがしました。
    そば湯も相変わらずおいしかった!
    それとここのトイレ、いいですよ。(笑)
    中に入ると個室ごとにいい香りの木が壁に使ってあって、感動。
    古民家のひなびた感じもよかったし、本当はそこの庭もいいらしい。。
    でも暑かったから、やっぱりそれなりに植物も元気がない様子でちょっと残念でしたね。。

    帰りの道山道を下るんだけど、途中“オオルリオニヤンマ”(目が水色の大きなトンボ)が飛んできたり、後ろにそびえる山が力強かったり、途中から上田の街が眼下に広がってきれいだったり、やっぱ、別所温泉はいいですよ。

    信州上田・別所温泉 その2

    • 2010.09.22 Wednesday
    • 20:30
    遂に別所温泉です。(^^)
    本当にもう一度行きたい場所ですねぇ。。
    ひなびた感じがとてもよかったです。
    降り立った駅からして、すばらしい。。



    ね?昔からの古ぅ〜い駅って感じでしょう?
    しかも、中の窓口辺りにこんなのを涼しげに飾ってあって。。



    風情があるわぁ。。
    しかもしかも、こちらの窓口にも女性の駅長さんが着物を着て出迎えてくれる。
    いいでしょ?

    で、この前も写真出しましたが、こんな自販機もあったりして。(笑)




    この日も暑かったんですけどね、ジリジリの太陽だったんですけど、頑張って歩きましたとも。>北向観音へ。

    北向観音の詳しい説明は、こちらにどうぞ。(・・;) やっぱり古いお寺なんですよね。お山の上にどん!とある感じで、長野の善光寺と向かいあってる。(もちろん善光寺は見えませんが、、、)隣に昔々映画になった“愛染桂”という大きい桂の木があります。縁結びの木らしいです。私、しっかりお祈りしてきました。(^^)v



    実は私、長野の善光寺には行ったことないんですよ。
    なので、北向観音だけじゃ片参りになって方手落ち。。いつか善光寺に行かないと。
    (一緒に付いてきた友人は善光寺に行ってきたばかりで、片参りになるのが嫌で地元に帰る日に無理やり私に同行したってのがあるんですけどね。もう、びっくりした。私が出発するその時にいきなり“私も行く!”とか言い出すんだもん!!)

    それから、別所温泉には国宝・重文のお寺がたくさんあり、だから“信州の鎌倉”と呼ばれているそうです。後から“全部行っておけばよかった”と後悔してしまいました。。断然鎌倉より風情があるし(私、鎌倉にも住んでいたのでわかります、はい。)、観光地だけど観光客でごった返さないのが最高だし、第一、近くにゆっくりしていける温泉がある・・・。いいこと尽くめの別所温泉。(笑)

    続く・・・

    信州上田・別所温泉 その1

    • 2010.09.16 Thursday
    • 23:10
    はい、遂に別所温泉について報告します。(^^)
    もう、ここもですね、だぁ〜〜〜い好きになってしまってですね。
    また行きたい、きっといつか行きたいと、思っている場所です。

    別所温泉に行く前に、別所線というローカル線のことを話さないとですね。
    珍しい電車で丸窓の窓があるんですね。(こういう電車、ほかにあるのかな?)



    このローカル線も廃線の危機があったらしいんですが、今や存続支援が上田市職員有志の方々によりされており、こんなサイトも作られています。→ “別所線に乗ろう!”バナーもらっちゃったんで、ここにも貼っておきます。



    友達のiさんは、地元の方なんですけど、いつも車で移動するんで別所線には乗ったことがないそうなんです。今年8月にお目見えした“戦国BASARA真田幸村号”に乗りたい、と申しておりました。。私わかってなかったんだけど、別所温泉から帰る時この“戦国BASARA真田幸村号”に乗ってたみたいで・・・。上田に下りた時、初めて知りました。(笑) 8月の出発式の様子は、こちら。このアニメ、I.G.さんが作ってるのね。。知らなかった・・・。

    で、ですね、存続支援を頑張ってるだけあって、別所線にはいろいろおもしろいことが起きて楽しかったですよ。

    1.まず、切符を切ってくれる方(女性の駅長さん)は、着物を着てらっしゃる。
    2.電車に乗ったら、その日は特別だったらしく、車内で鈴虫をプレゼントしてくれてた。(私達は欲しかったけど、実家じゃないんで、もらって帰るわけにいかなくてちょっと悲しかった。。)
    3.電車出発してちょっとしたら、にこにこして車内を歩いていた駅長さんらしき男性がハーモニカを吹き始めた!乗客の皆さん、歌詞カードを配られて一緒に歌い始める。。あらら。。でも、なんか聞いてるだけでも楽しい。
    4.車窓から見える田園風景が本当に美しい。やっぱり聳え立つ山ときれいな空気のせいかしら。うちの田園風景と全然違う。
    5.別所線、好き好き。(^^)

    ここで言ってる着物を着た駅長さんのことや、ハーモニカを吹いてくれる駅長さんのこと等は、こちらの新聞で写真が見れます。それと、鈴虫を配ってくれた風景は、ライブカメラのページの真ん中あたり“別所線(上田電鉄)に関する動画”のところで見れます。実はその動画の中には写ってませんが、私達もその車内にいました。写ってたらむちゃくちゃ恥ずかしかったので、写らなくてよかった、とほっとしてます。

    別所線の話はここまでで。。
    次は別所温泉の話をします。

    信州上田・今度行きたいところ

    • 2010.09.15 Wednesday
    • 18:18


    海野町商店街の『富士アイス』と開運の石があると言う『高市神社』。
    近くに行ったのに、なんで行かなかったのか??
    と言いますと、暑かったんです・・・。
    ひょいと寄っていけばよかったんですけど、柳町だけで精一杯で、歩くには暑かったんです。。(・・;)

    それと、この地図をよく見てなかったのも一因かと・・・。
    スタンプラリーの指定場所じゃなかったんで、通り過ぎちゃったんですね。。
    富士アイス、行きたかったな。
    それと、開運の石、なでなでしたかった・・・。(T_T)




    真田郷。
    伊勢山は真田の郷の入り口です。
    真田郷には真田にまつわるお城跡があったり、真田にまつわる方々のお墓があったり。。
    サマーウォーズの中に出てくる砥石城址から見える上田の夜景、見てみたかった。。

    上田の街の風景は、実は別所温泉から眺めることもできます。
    別所温泉て、上田から山に登るかたちになってるんですよね。
    別所温泉から望む上田は、きれいでした。

    今度、真田の郷、行きたいです。

    信州上田・北国街道・柳町 #2

    • 2010.09.14 Tuesday
    • 17:29
    柳町その1.手打ち蕎麦 おお西
    柳町には実はお昼ごろに行ったので、是が非でも折角だからお蕎麦屋さんに入りたかったんです。(信州と言ったら、蕎麦でしょう!)歩く途中で古民家を改築した風の天然酵母パンのお店『ルヴァン』なんかもあったんですけど、その時はカフェでパンを食べる気持ちになれず、その次に地元の無農薬野菜等を使ったレストランもあったんですが、やっぱりおそばが食べたくて。。

    この通りにお蕎麦屋さんがないんなら、別のところを探そうとしていたところに、あった!! これは運命の出会いかも・・・。(笑) 一見してお蕎麦屋さん風ではなくて、そこの看板をよぉ〜く読まないと蕎麦を扱ってる店とわからなかったんですけど、どうやらそこは間違いなく信州手打ちのお蕎麦屋さん。おお西さんと言うようです。中を覗くと、平日でそれほど忙しい感じはなかったんですが、古い民家かお店を改築したようで、左手奥に座敷があって手前は土間、右手に蕎麦を打つ工房がガラス張りで見えて、奥に厨房がいい感じに見えないようにある感じ。

    ようやく店員さんに入り口にぼぉーっとしてる私を見つけてもらって、席につかせてもらいました。もらった熱いお茶(多分蕎麦茶)、暑い日だったけど、おいしい!メニューにはそこの“発芽そば”というのがおすすめとあったんですけど、ちょっこしお値段がお高かったので、普通の更科そばを頼みました。信州の蕎麦は、本場だけあっていろいろ種類がありすぎてよくわからないのが本当なんですが、、、でも、やってきたおそばは、つるっとのど越しよくておいしくておいしくて・・・。そして私の大好きな蕎麦湯!暑い日に熱い蕎麦湯なんですが、口にした途端、“体にしみるぅ〜〜”感じがしました。(^^) ここのお蕎麦屋さん、見つけてよかったです。古民家風の建物も、築120年の生糸問屋を改築したものとか。そして、この柳町の風情を保つために、売上げの一部を柳町の建物保存に使われるそうです。(実はこのおお西さんには別所温泉に支店があって、私、そっちにも行ってるんです。。そこもまた風情があって鄙びた感じがとてもよくて、ものすごぉ〜く気に入ったんですが。。その話はまた今度。)

    柳町その2.天然酵母パン・ルヴァン


    天然酵母でじっくり発酵させてあるんで、基本的にカンパーニュ等は酸味があります。ので、ジャムと食べるといまいちだけど、チーズと一緒に焼いて食べるとおいしいっ!! 基本のカンパーニュとゴマが載った食パン風のパン、それと果物&ナッツが入ったパイを買いました。パイもおいしかった!今度来るときは、そこのカフェに来たいなと思ったので、2回目の時には果物&ナッツがびっしり入ったケーキと珈琲をカフェでいただきました。珈琲、おいしかった!後で軽井沢のパン屋さん・銀亭カフェでも珈琲¥480をいただきましたが、こっちの¥400珈琲のがずっとおいしかった。


    天然酵母のパン屋さんなので、ケーキもテーブルセッティングも地味でこんな地味な写真になってしまいました。(・・;) 友達のスコーンも混入してます。。

    それにしてもこのケーキ、意に反してあんまり高いんで、値段を聞いた時心臓バクバクしてしまいました。友達が買ったスコーンは1個180円くらいだったのに・・・。グラム売りだったんですよ。で、中身の密度と手間を考えるとこの値段は妥当かなと思えるんですけど、『ください』って言う前にグラムを量ってもらって、いくらぐらいになるか聞いてから買うんだった、と後悔しました。。そのレシート、come on... ↓↓“パン”とあるのがそうです。ケーキなんです、ほんとは。



    柳町その3.保命水
    上田の生活用水(水道水)として初めて作られた施設らしいです。詳しくはこちらで読んでみてください。1回目の時は飲んでいいものかわからなかったんで、気になったものの、通り過ぎただけだったんですけど、2回目の時にはしっかりいただいてきました。柔らかくておいしいお水でした。どこかのおばさんが、ペットボトルで汲んでいました。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    caramel

    イケア

    IKEA STORE

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    夢の守り人
    夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
    上橋 菜穂子,二木 真希子

    recommend

    闇の守り人
    闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
    上橋 菜穂子,二木 真希子

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM