一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

連載が終わりました。
う〜ん、端折り版しか知らなかった私としては、大満足です。読んでよかった。(^^)
こうなったら、菊池寛・芥川龍之介訳・編の本そのものも買っちゃおうか、とも思ってしまいますが・・・。でも、連載にいつも添えてある伊藤栄章さんの挿画がまたよくて、新聞の切り抜きではありますが、これも捨てがたいと思ったりして。。

でもこの翻訳版、とてもよかったんだけど、曽野綾子編の端折り版ではすっきりしていたことが、原作の翻訳版では大きな謎が出てきてしまいました。

“謎”
端折り版で人魚姫は、『王子への愛』のために人魚の尻尾を捨て、足をもらい、その代償として声を取られてしまうことになっている。でも、この翻訳版だと『王子への愛』のためもあるけれど、それより人魚姫自身が『死なない魂(永遠の魂)』が欲しいから人魚の尻尾を捨て、足をもらい、声を取られた、と解釈できちゃうんですけど。端折り版には、『死なない魂』、つまり、キリスト教的な神様から授けられる『永遠の魂』の話は出てこないから。え、どうなの?>アンデルセンさん。人魚姫は王子のことよりも自分のために永遠の魂が欲しかったの?? もしそうだったら、ちょっとがっかりだなー。。すべては王子の愛のため、と思っていたかったんだけどな。

でも、最後の場面は端折り版より感動的でした。
王子を殺すナイフを海に投げ捨てた時、そこが血のしぶきのようになったり(この場面は鮮烈)、泡になって空に向かう時、周りに一緒に天使がついてきたり。。

どうかなぁ。一途な端折り版か、もっと複雑なキリスト教的翻訳版か・・・。
うふ。どっちも好きだな。
さすが、アンデルセンの童話だ。。

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • 21:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 獣の奏者 III 探求編
    lutea
  • バルサとタンダ
    lutea
  • 獣の奏者 III 探求編
    エリン
  • バルサとタンダ
    エリン
  • バルサとタンダ
    lutea
  • バルサとタンダ
    エリン
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM