一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

いやぁ〜〜、こんなの見つけちゃったぁーー!!



懐かしい〜〜〜っ!!!
この曲、かっこよかったんだよねーーー。(いや、今観ても超かっこいい。)

この曲のフルバージョンはここ → NERVOUS BUT GLAMOROUS

この曲、今の男の子バンドじゃ絶対やらないような主題をやってる。実は好きな男が他の女の子を好きになってっていう三角関係の話で、男に対する嫉妬心と相手の女の子に対する対抗心を表現してある曲。“居眠り込んだ彼女 あたながそっと上着をかけるのが嫌で わざと起こしたの”とかね。(笑) こんな曲をかっこよくアレンジして歌ってるっていうのも、今、なかなかないと思う。松任谷由美でなく、荒井由美時代の『まちぶせ』以来でしょう。(笑) レベッカとしては、このずっと以前にやった『ラブ・パッション』と曲の主題は一緒だけど、『ラブ〜』の“あんたには負けないわよ。戦ってやる。”っていう闘志満々のポジティブな感じに対して、こっちのほうは陰湿。(笑) でもNOKKOの詞は光ってるし、土橋くんの曲は最高だし、アレンジもかっこいい。てことで、これが好きだったりします。

上のフルバージョンは武道館ライヴだと思うんだけど、レベッカの解散ちょっと前じゃないかなぁ。このライヴ観てると、やっぱりこの頃のレベッカのNOKKOってものすごい天性のカリスマ性があって、まるで全地球のエネルギーを一気に吸い込むような、そんな勢いが見える。NOKKOのダンスは躍動的だけど、マドンナのような商業的に意図されて作られたものではないし、声もマグマが爆発してるみたい。他の顔も声もかわいくてのガールズバンドたちとは完全に方向性が違って見える。

時代が彼等を呼んで、ある時、時代にさよならって言われたバンドだったのかもしれない。


JUGEMテーマ:音楽

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • 20:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 獣の奏者 III 探求編
    lutea
  • バルサとタンダ
    lutea
  • 獣の奏者 III 探求編
    エリン
  • バルサとタンダ
    エリン
  • バルサとタンダ
    lutea
  • バルサとタンダ
    エリン
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM