一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




北国街道・柳町。
読み方は、“ホッコクカイドウ・ヤナギマチ”です。
“北国”を“きたぐに”と読ませないとこがいい。
軽井沢の西側に“追分”というところがあるんですが、そこから“中仙道”と“北国街道”が別れて出ているんだそうです。北国街道がどう走っていたかは、ここ見てください。善光寺を経て北陸に続く道らしいですが、佐渡の金を江戸に運ぶ重要な道だったそうです。上田の宿の辺りはこの地図見てください。“14 保命水”ってある辺りが柳町です。もっとズームした地図は、ここです。

ここ、“こいこいマップ”でスタンプラリーに指定されてなかったら多分行かなかったであろう場所なんですが、その風情と並ぶお店の雰囲気がことのほか気に入ってしまって、2度お出かけしてしまいました。昔ながらの宿場町の風情がとてもいいです。

こいこいマップのスタンプラリーの1つに指定されてた、岡崎酒造さん。



ここでは、地酒はもちろん、地酒を入れたジェラートとか、地酒を入れたケーキとか、おいしそうなものをいろいろ売ってました。タオルとかTシャツとかもあったかな。。(私は全く飲めないので、お酒関連はジェラートとケーキしか興味がなかったんですが、、)サマーウォーズ関連商品である“サマーウォーズサイダー”も販売していて、1回目に行った時売り切れだったんですけど、2回目に行った時この写真のじゃなくてもう1つのバージョンのを購入しました。甘さあっさり目で炭酸もほどよくおいしかったです。(この写真のは、後から友達のiさんがなんと軽井沢のコンビニで見つけて購入したもの。上田にしか売ってないと思ってたのに。。)



このサマーウォーズサイダーは、亡くなられた上田出身の女性デザイナーの方を偲んで作られた、と地元の新聞に載ってました。



もう一つの私の関心事、“地酒ケーキ”、これがものすごくおいしくて、一口食べた途端『お・い・し・い!!!』と叫びたくなるほどでしたっ!!はあと



材料のところを見ると、地酒“亀齢”と“亀齢”の酒粕が入ってる贅沢なケーキ。。そりゃ、おいしいわけですわ。1つ150円也です。

岡崎酒造さんには問い合わせてないんですが、そこの製造元の上田のお菓子屋さん“エトワール”さんのことを長野の地元の友達に聞いたら、そこのお菓子はおいしい!とのこと。確かな舌を持つその友人の言うことだから、間違いないでしょう。地酒ケーキは通販してなかったんで、早速くるみを使ったお菓子を注文しておきました。う〜ん、長野・地元のおいしい実力はすごい。。

柳町の話、続きます・・・

別所線というローカルな線に乗って、別所温泉というところにも行ってきました。
その旅のことはまた書くとして、別所温泉の駅にどぉ〜んと鎮座していたのがこの自動販売機。。(笑)


すごすぎる・・・。(T_T)



真田の家紋というと『六文銭』というのが有名なんですが(誰かが5円が6つで30円と言ったぁ〜〜っ。。(>_<))、実はそれは正式な戦時の時にしか使われず、普段は他の紋を使っていたんだとか。私、本当は友達のiさんがいつも首にかけてた六文銭のタオル(これがまた渋い)が欲しかったんですけど、なぜか探すことができず、仕方がないので小風呂敷を購入してきました。これ、お弁当を包むのにもいいし、首にちょっと巻くスカーフにもうってつけの大きさ。(^^)v いい上田みやげです。上田の街を歩いた時、あまりにもじりじりの太陽だったのでこれ首に巻いて日よけにしてました。でも、、気をつけなきゃいけないのが六文銭の箇所。(笑) そこを外に思いっきり出すのも粋じゃないので、他のところを見せてたりして。(・・;) ちょっとうってつけだったのが、ミッキーマ○スに似た家紋があるでしょ。(洲浜という家紋)そこんとこを出してるのがいいかな、と。お友達のiさん曰く、『う〜ん、どう見てもミッキーマ○スにしか見えない。』と助言してくれたので、ちょっこしほっとしたというか、なんというか、、、(笑)

ちなみに、『六文銭』の意味はですね、死んだ時三途の川を渡る際の渡し賃なんだそうで、『いつでも(主君のために)死ぬ用意ができている』という覚悟を表しているんだそうです。う〜ん、かっこいい。。

これ、六文銭のところを見せて地元で首に巻いてたら、どう見られるだろう・・・?



ことの起こりはですね、、、
私がいた寮(夏の間、インターンさんを含めたくさんの方と一緒に過ごしていました。)に、長野の松代(真田が徳川に敗れて、真田の城である上田城から出されて落ち着いた土地)出身の人がいたんです。その人に、『長野っていい所がいっぱいあって、休日にどこに行ったらいいかわからない。』なんてことを言ってたら、『luteaさん、上田に行くべきよ。』とおっしゃる。ついこの間TVで“サマーウォーズ”を観て、それで真田は唯一徳川に刃向かったという話を私が興味深く聞いてたのがあったからかどうなのか、そんな風に言われたわけですよ。

『ふ〜ん、上田か。。行ってみるかぁ。』

真田のお城である上田城址と、別所線というローカル線の途中にある真田にちなんだ神社と、とりあえず休日に行ってみようっかなぁ〜と、気軽に出かけたんです。そうしたら、、、なんか、おもしろそうなことをいろいろ発見したわけですよ。サマーウォーズのキャラが付いてる看板があちらこちらにあって、“こいこいマップ”なるものがあるらしい。。おもしろそうだから、1枚もらっていこう。で、最初は上田城址。

上田駅のドトールでコーヒー飲んでいざ出発すると、左手にどど〜ん!と聳え立ち迫ってくる山が見える。それだけでも海育ちの自分としては超感動なのに、高台にある上田城址のでかいこと。とりあえず、目の前にある観光会館にスタンプもらいに寄りました。上田市は映画の誘致にも力を入れてるらしい。最近の映画、『ヴィヨンの妻』とか『私は貝になりたい』とかNHKの『白洲次郎』とか、いろんな映画・ドラマのロケが行われているみたい。もちろん、『サマーウォーズ』も。(^^) で、台本があったので表紙だけ写してきました。



今考えたら、iさんの『上田に行くべきよ。』が運命的な言葉だったような気がします。。



スタンプラリーの“こいこいマップ”です。
これがなかなか素敵なマップで、“サマーウォーズ”に出てきた場所を逐一踏まえつつ、しかも上田の魅力たっぷりの場所も入れつつしてるので、これ1枚持ってスタンプラリーしながら上田を回れば、それだけでかなり楽しく上田の旅ができるって寸法です。これ作った人達はとにかく上田が大好きな人達らしく、愛情たっぷりに作ってあるのがよくわかります。見るだけでも楽しいマップです。(また後で少しずつ紹介します。)

こんなのも観光案内のところにありました。(^^)



もう9月になったから、こういうかわいい看板はなくなってるかもな。。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 獣の奏者 III 探求編
    lutea
  • バルサとタンダ
    lutea
  • 獣の奏者 III 探求編
    エリン
  • バルサとタンダ
    エリン
  • バルサとタンダ
    lutea
  • バルサとタンダ
    エリン
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM