一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ごめんなさいね、本当のサッカーファンの皆様・・・。(・・;)
だって、盛り上がってるんだもん!今。(笑)

昨日もすごかったね。
まさかドイツがあんなにぽんぽん点を入れるなんて。
マラドーナ、かわいそうだったな。。
最後のインタビュー、しおれちゃって・・・。

思うんですけど。。
これだけ世界中で老若男女盛り上がるスポーツ競技って、サッカーしかないよなぁ〜って。
そういうところが、サッカー、ほんとにすごいなって思うわけですよ。
オリンピックは競技数が多くて、ファンも分散しちゃうし、野球もテニスもゴルフも、どうしても競技する人もファンも人数限られてくる。

どこかで聞いたことあるけど、サッカーってボール一つあれば貧しい子どもでもみんなが遊べる。だから、途上国など比較的貧しい国でも盛んになる。でも他の競技はいろいろ道具がいるでしょう。お金のない国では盛んになるはずがない。だから、サッカーだけが世界中で競技されてる。

これって、いいなぁ〜と思う。
平等だな、って。
競技のルールもシンプルで分かり易いし。だから、素人が見ても理解できる。
ということで、わが国の代表選手が頑張ってくれたのを観て、思わずのめりこむ。
こんな、日本中、老若男女が一斉に観戦し一喜一憂して楽しめる競技、やっぱりサッカーぐらいしかないんだよね。

さて、もうこうなったらどこが勝ってもいいけれど、、、
ま、どこが優勝してもいいですよ。(笑)
これからも応援しますぞ!

もともとインターネットと2つ向こうのお隣さんは、そのポリシーが合わないですよ。
インターネットって元々アメリカの軍が作ったもので、軍の機密に関わるもの。にも関わらず、webの上は国境もなくみんなが自由に無料で使うことができるものとして外に開放した。根本にはとんでもなく太っ腹なポリシーがある。誰が使ってもいい。自由に使っていい。そんなのと、2つ向こうのお隣さんのポリシーが合い見えるわけないじゃん。もともと。2つお隣さんがそんなものを入れたほうが間違ってたんだ。もっと言うと、モノと金が自由に他の国と行き来すれば、こういうことになるのは目に見えていただろうに。

<<いつも拍手くださって>>
拍手、ありがとうございます。
嬉しいです!

お騒がせしりーず第二弾!(・・;)

もしかして“まさか!”の悪夢のはじまり・・・?
某自動車会社です。

私、この会社に一時潜り込んだ(?)(笑)ことがあるので、中の雰囲気とか従業員の意識とか、存じております。何年前だっけ・・・。その頃もう既に創立60年以上になっていて、そのことを社員の方は誇りに思っていたようです。で、私に言ったひとこと。

『普通、会社は50年て言うけど、もうここはそれ以上になってるから、この会社が危なくなることは当分ないよ。まだまだ大丈夫。』

その方はにこにこしながらこうおっしゃっておりました。中には、『大きい会社だからここに入った』とおっしゃってた方もいましたっけ。。

中に入って、そこが特に技術の中枢とまでいかないまでも、そこに近いところにいたので、その会社の長年の膨大な知恵と工夫の集積(私にはほとんど内容はわかりませんでしたが、、)がそこにあるんだなーと思ったら、その巨人の巨大さに身じろぎしそうでした。でも、従業員の方の意識を見ていたら、ちょっと危ういものがあるな、と感じてはいました。こんな安穏としたものがずっと続くはずはないんじゃないか、と。

期間工や派遣の人にその会社への帰属意識はないし、忠誠心だってない。てことは、造っているものに愛情なんか湧くわけがないわけで。。正社員は正社員で、あまりにも安穏生活が長いので、甘えが出てくる。そこに安全神話がひび割れ崩れる隙間ができた可能性も無きにしも非ず。

それから世界制覇をめざすごとく、飛ぶ鳥を落とすがごとく、大量の期間工や派遣の方を雇って、下請け〜孫請け等々へのコストカットやこれら社員の健全な生活をも搾り取って、突っ走ってきた。その途中、安全に関わることをきっちりやってきたのか? 今の騒動を見ると、そうでもなさそう。量が調達できれば、ちょっとおかしい箇所があってもOK、と部品の不具合を見逃してきた。そして、今度のアメリカの大りこーる。共通部品を世界中に広げたのもアダになり。。そしてそして、弱り目に祟り目のことわざのごとく、今度はこれからの主流にさせようとしていた新製品の不具合&りこーる。。

『これは顧客の感じ方の問題で、製品自体に不具合はない。』

なんて、トップじゃない人がまるで自分達には責任がない、と言うかのごとく会見したのもよろしくなかった。それって、昔の雪印が自分達の責任を最初に認めずに崩れていったのに似てるんじゃない?とも思った。これじゃぁ、その車を買った人達は不安だろうな〜と思います。アメリカさんでは、えっらい騒ぎになってるみたいだし。

この騒ぎで巨額のコストがかかって営業に支障が出てくるのは必須だと思うけど、それ以上に、商売する上でいっちばん大事な信用を失うこと。これが一番怖いってわかってるんですかね?この会社のトップの人。

とは言え、この会社に属してきた従業員、家族、下請け〜孫請け等の従業員、家族は大変です。巨大になりすぎた。巨大になりすぎて、にっちもさっちもいかなくなってる。。ピラミッド状の裾野は広くて大きい。この人達の生活もあるし、巨大企業の責任は重大。ぶら下がっていれさえすれば生活は安泰だと思っていたひとびと。(うちの堅い頭の父親もそう思っていた。)でも、ぶら下がり人生のなんと危ういことよ。もうぶら下がってちゃだめよ。これからはそんな時代じゃない。

早く脱却しないと。巨人が崩れる前に。

朝青龍なんですけど。
はっきり言いますが、私この人結構嫌いでした。
内館牧子さんじゃないですけど、この人“横綱”じゃないと、ずっと思ってました。
横綱って強けりゃいいってもんじゃないと思うんですよ。
相撲界の一番頂上の人間なんだから、下の者を卑下したり、暴力ふるったり、自分の地位を自慢したり、横綱としての義務を怠ったり、スポーツマンシップから逸脱した行動を取ったりするのは、絶対に許されるものじゃない。そういうのって卑怯でしょ。人として相撲取りとして卑怯な行動を取るなんて、とんでもないぞ! 良識のある行動を取るよう自らを律する、人に後ろ指をさされないような行動を取る、そしていつも下の者に心を配る(これが品格だと思う)のは、相撲取りの頂上にいる人間に課せられている、義務だ。そして、それに対する重い責任もあることを自覚し、自らを律しているのが横綱だと思う。この辺を全く理解してなかったのが朝青龍。

横綱はただ強いだけの鬼でいい、強かったらどんな卑怯なことをしてもいいし、人を欺いてもいいし、弱い人間に暴力を振るってもいいと、かなり勘違いをしていたのも事実だと思う。NHKのインタビューで『(日本が)民主主義だと思ってたら社会主義みたいだった。』と言ってた。これも勘違いで、朝青龍が言う民主主義は“自由主義”、つまり“わがまま主義”であって、民主主義の中であっても何でもやってもいいというのではなく、みんなと生きている社会なんだからルールはあるし、それを守らなければならないという義務がある、ということがわかってない。

この前の引退の記者会見でも、『品格品格というけど、土俵に上がれば鬼にもなるし、、、』とか言ってのけた。それ聞いて、“ああ、この人やっぱりわかってなかったわ”と思いました。負けた相手をわざわざ土俵の下に2度押しするようなことしてたじゃん。てことは、負けた相手に敬意を払ってないってことで、負けてざまーみろって思ったってことでしょう。そんなの、いくら強くてもただの格闘家であって、横綱じゃない。(あの場面見て、なんてひどい奴だ、と憤慨したのは言うまでもありません。)土俵に上がって鬼になって勝っても、勝負が終わったら負けた相手に敬意を表すること、これが横綱でしょう。でもこれってスポーツマンシップの基本中の基本ですよ。(こんなこともわかってなかったのか?)

思い出したのは、『東のエデン』に出てきたり白洲次郎が是としていたヨーロッパの騎士道から来た“ノブレス・オブリージュ”という思想。日本語では“高貴の義務”・・・ 地位や身分が高い者は、その地位において社会的義務を負う、というもの。つまり、高い地位にある者は低い立場の者に心配りをし、守ってあげる、身分を振りかざして奢らない、こと。具体的には、高い地位の者は往々にして経済的に裕福なので、全てを自分のために使うのではなく低い地位の者のためにも使ってあげる。また、困っている人がいたらボランティアで助けてあげる、とか。。これが高い地位の者に課せられた義務、ということ。これ、横綱に当てはめても通じるものがあると思うんだけど。

“奢れるものは久しからず”
平家物語の一番冒頭のとこにあるこの言葉。
本当に昔の人はよくわかってたなーーと、いつも感心させられる言葉でございます。

『インターネットの世界って、本来は互助会よね』と最近思ってた。
フォーラムなんかがあって、“これに対してどう思う?”と投げかけると、どんどんコメントが寄せられる。“これ、困ってるんだけど、どう解決したらいいの?” と誰かが助けを求めても、どんどんいろいろな意見を寄せてくれる。で、問題が解決することも多い。
そりゃ、中には意地悪な人がいたり、アラシをしたり、炎上させたり、そんなのもあるけど、基本は互助会。みんなで助け合い。それがインターネットの世界だと、私は信じています。

さっきNHK教育で"IT BOX"って言う番組を偶然観たんだけど、ちょっと感動した。
最初インターネットを開発したアメリカの国防軍のなんとか(ごめんなさい、名前忘れました)って人が、インターネットはみんなで話合いをしたほうがいいものができると、そのソースをみんなに見せたことから始まってる、というようなことだった。国防軍の機密事項のはずなのに。。だから、インターネットってその入り口は誰かが料金取るけど、その先の世界は料金無料でどこででも見にいける。それってすごいことだと思う。その基本線があるから、今でもメールのSMTPというプロトコールはオープンソースで、未だに世界中のみんなで開発しているそうです。(びっくり。)そういえば、私はそんなに知らないんだけど、MozzilaとかLynuxのプロジェクトなんかオープンソースで、世界中のみんなで作っていくものでしょ。で、私はその太っ腹なところが好きだったりします。でも、元々インターネットの世界って、太っ腹なところから出発してるのね。。(^^)

最近自分が持つ古巣のサイトが都合で閉じられたり、自分の使わないBBSを閉じたりしたので、インターネットの昔を思ってしまった私でした。。

今の日本で“新しいMacがっ!!”とか言われてピンとくる人ってあんまりいないかもですが。。でも、私はある種の事件だと思いました。

iPhoneやiPodならおなじみのアップル社。
あの、この会社実は元々コンピュータの会社でして。。(・・;)
マッキントッシュ(Macintosh)というコンピュータのソフト・ハードの両方を長年開発、製作、そして販売をしております。(なんか、こんなこと書いたら、Macファン[・・・しかも彼等はいつでもMacに関して熱狂的。。] に殴られそう。。(・・;)) それにしても、日本でのMacのシェアって今どれくらいなんだろう・・・?

それでですね、何が事件かと言いますと。
新しいMacが10万円以下で買える!という事実が、です。
今やDellとかネットブックとかだったら当たり前のこの価格。。
でもでも、その昔は、やっぱりコンピュータもかなり高額な頃があったんですね。
私の友人なんか、MacのQuadraって機種を購入するのに100万くらいかけており、その機種が古くなってもまだローンを払ってる、、とか言っていた頃がありました。びっくりでしょ? ま、昔Macはちょっとお高く留まっていたところがあったのは事実かも。。確かにいいコンピュータだったってのはあったらしいんですが、そんなひゃくまんもする高いコンピュータなんか、よっぽど好きな人かお金がある人しか買いませんよ。このMacの価格戦略が後々まで響いて、結局1995年にWindows95が世に出されてから、MacのシェアはWinに奪われっぱなしだった、と。。

で、そんなMacがですね、この度98,800円也!のMacBookを出すと言う。さっき覗いてみたけれど、性能もデザインもかなりいい。10万でこれが買えるんなら、欲しいなぁ〜と思ってしまった。iPhoneも使ってることだし、互換性ばっちりだし(?)、持ち運びの振動にも強いって言うし、スタイリッシュだし。やっぱ、デザインはMacよね、、、(もちろん、欲しいのはデザインだけじゃないですけど。そして私はMac信奉者じゃございません。)

Windowsのほうは、Windows7が出るじゃないですか。
アップル社はそのことを意識して10万以下のMacBookを出そうと考えたみたいなんですけどね。
でも、Windowsもこの先どうなんだろう・・・?という疑問が多々あるのは事実で、これをなかなかやめられないようになってるのも、ちょっと悔しい。実は、このジレンマは昔からありまして。。だから、Lynuxをがんばって自分で習得しよう!と思ったこともあったけど、悲しいかな、こういうのは誰かに教えてもらわないとダメなんですよね。。(・・;)

MacBook by Apple

三重の先生のブログ


三重の小児科の先生のブログだと思うんですが、子どものことやためになる医学的なことも書いてあるので、いつも楽しみに読ませていただいています。そこにスウェーデンの教科書の言葉が載っていて、私も考えさせられました。

『失業は、職場の友達を失い、仕事が与えてくれた連帯感を失います。
人は孤独になり、社会から切り離され、容易に自己を見失ってしまいます。
それが問題を生みます。
一部の人は、麻薬や犯罪への入り口にもなります。』

そのとおりですよね。
人はお金のために働く面もありますが、やはり社会の中で役立ちたいという思いもあると思います。自分の存在意義が自分の中で確認できると生きがいにつながって、生きていこう!と思うじゃないですか。

日本じゃ、社会と人を客観的に観るこういった文章が教科書に載ることはないですからね。
情けない。

あのメディアの騒ぎ方は尋常ではない。
最初“公然わいせつ罪で逮捕”なんて聞いた時には、“え、あの草なぎくんが痴漢でもしたのか?”ってドキドキしたけど、内容を知って、なんでそんなに騒ぐのか?と思ってしまいました。普通だったら、ただの酔っ払いがちょっと酔った勢いでやっちゃった、っていう、それだけの話でしょう。だって、誰かを傷つけたとか、意図的にわいせつなことをしたとか、そういう話じゃないんだから。。公園の周りの人には迷惑だったかもしれないけど。。

メディアがあんなに騒がなかったら、こんな大きなことになる話じゃなかったと思う。
やったことはほめられたことじゃないので、仕事を一定期間自粛し、きちんと反省してまた出てきてくれればいいことで。

なんでもっと大きな心でもって許してあげられないかなぁ〜?日本人。

この前の新聞記事に、こんなのがありました。
ある大学生が沖縄で米国製手榴弾を拾ったんだそうです。
で、それを石垣に行く飛行機に荷物として預けて、航空会社もその金属片が手榴弾だと見抜けずにそのまま運んでしまった、と。見つけたのは、石垣島の民宿の経営者だそうだけど。。

確かに、航空会社が荷物の中の手榴弾を見つけなかったのも大問題だけど、私が憂いているのは、今の学生の無知さ加減。この学生曰く、『海水に浸かっていて爆発はしないと思った。』と。???

あの、化学系のことは全く苦手な私でも、いっくら何でも手榴弾が“海水に浸かっていれば爆発しない”なんて稚拙な考えは思いつかないですよっ。自慢してるわけでも何でもないですけど。だって、海水だよっ。もし海水に浸かっていたら、海水の成分で中の火薬がどんなことになってるか、どんな反応してるか、わからんじゃないかっ! ああ、怖ろしい・・・。

今の大学生の年代って、いわゆる“ゆとり教育”で教育された子どもたちではないでしょうか? 私も小学校に忍び込んで(?)子どもと一緒に生活してきたけど、あの『生活科』って何っすかね?ま、確かに外に出たり、1年生でも家庭科みたいなことしたりするけど、それが教育&学習になってるんだろうか? 理科という教科なら、突っ込んだことやりますよ。でも、1年生は理科がなくて生活科であさがおの観察するんで、観察記録書くだけだし、“種”までは習うけど、“ふたば”とか“つる”とか、そういった突っ込んだ言葉は全く習わない。いつごろ種をまいて、どのくらいで双葉が出てきて、そこから茎がどう伸びて・・・とか、そういうことは全く教育しない。一人一人がそれを発見しよう!というスタンスなので、一人一人で見つけてね、なのだ。でも、見つけられない子どもだっているよ。生活科はテストがないし、発表会なんかしても、ぼーっとしている子は何も聞いてない。

今小学校で理科離れがあると聞いているけど、なるほどな、と思うふしはあります。そして、上で書いてるような大学生が出てくる、と。。危ないじゃないですか。そんな知識しかないなんて。。

小学校の英語教育の危うさと相まって、今の教育を憂いています。。

これ、私が言い放った言葉じゃありません。
小学校1年の子ども、しかも、うちのクラスの2名からこんないやらしい言葉を聞きました。

小学校1年といえば、まだまだ大人がやってることの真似をしたい、大人の役に立ちたいと思うお年頃なんですよ。だから1年生の子どもに『誰か、これみんなに配ってくれる?』と聞くと、喜んでたくさんの子どもたちがお手伝いをしにやってくる。(これが年齢が上になるに従って、だんだん喜んで手伝ってくれる子どもが減ってくるんですが。。)

なのにっ!!
なんだっ、その自分は知らないっ、別の子がやればいいことをなんで自分がやらなきゃならないんだっ!のその態度はっ! なんで進んでみんなのために仕事をしないんだっ!!(怒)

他の子のことを全く考えてあげられない子どもなんですよ、こういう子たち。つまり、全く思いやりが育っていない。一人は、自分は何かとすぐに泣くくせに、他の子が泣いてるのを見て気の毒と思わず、『わぁ、私○○ちゃんが泣いたの初めて見たー!』と平気でのたまう。もう一人は、隣の女の子が病気で遅刻してきて、今教科書のどこをやってるかわからずあたふたしてるのに教えてあげず、しょうがないので遅刻してきた子は私のところにわざわざ、『せんせい、今どこをやってるの?』と聞きにくる。そんなの、隣に座ってるんだから、ちょっと気を利かせて教えてあげればいいことじゃん!!

家庭環境だとは思いますが、子どもがそんな子に育つのを見るのは悲しい、の一言です。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 獣の奏者 III 探求編
    lutea
  • バルサとタンダ
    lutea
  • 獣の奏者 III 探求編
    エリン
  • バルサとタンダ
    エリン
  • バルサとタンダ
    lutea
  • バルサとタンダ
    エリン
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM