一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この言葉、あのサッカーの本田圭祐くんが言った言葉なんですよ。
若いのに、こんなにすばらしい言葉を紡ぐことができるなんて、ね。。

自分のこと、家族のこと、仕事のこと、お金のこと。。(笑)
いろいろ考えちゃうんですけど、で、考えすぎてぐるぐる回って最悪な事体によくなって、そんな時に思うことは、『自分は意味のない人間なんじゃないか? 社会に必要とされない人間なんじゃないか..? 誰も自分を必要としないんじゃないか? だって、みんな私のこと好きじゃないみたいだし。』と。

本田くんの言葉と、この前亡くなった水木しげるさんの“好きなことをやりなさい。”。
これだけが希望かな。
まだそうかな?って思えるか。(笑)

人に会うのがとても苦手。
子どもが何を考えているのかはすぐに見当つくけど、大人はなかなか難しい。。
困ったな。

なんか、いかにも嘘っぽ〜いって思うようなタイトル。。(笑)
でも、ちょっと興味あったのでやってみました。
(どこかに飛ばしたり、Flashのゲームでもないし、ただの文章だったので。)

結果、ん?いいかもっ!

ということです。
なので、普段はこういうのやらないけど、貼付けることにします。(^^;)


--- コピーはここから ---

このゲームを考えたご本人は、たったの10分で願い事が叶ったそうです。
このゲームは、おもしろく、かつ、 あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。



たったの3分ですから、ためす価値ありです。

まず、ペンと紙をご用意下さい。そして約束してください。

絶対に先を読まず、1行ずつ進む事を。

先を読むと、願い事が叶わなくなります。






●準備はよろしいですか?。



1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。



2)1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。



3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。

必ず、興味のある異性の名前を書く事。
男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく。




必ず、1行ずつ進んで下さい。

先を読むと、なにもかも無くなります。


4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。

これは、家族でも知り合いや、友人、誰でも結構です。




まだ、先を見てはいけませんよ!!



8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。



5)最後にお願い事をして下さい。






さて、魔法のゲームの解説です。



1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。



2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。



3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。



4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。



5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。



6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。



7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。



8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。



9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。



10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。



これを読んでから、1時間以内にブログや日記に貼り付けてみましょう。
そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。

--- コピーここまで ---


どうでしょ?
意外と当たってるかもしれませんよ。(^^)


ちょっと遅くなってしまいましたが、遂に遂に出演者決定です!
ていうか、もうクランクインしてるそうですが、、、(^^;) ↓↓↓↓↓

NHKファンタジー大河『精霊の守り人』



そして、発表の様子。↓↓↓↓↓

精霊の守り人 追加出演者発表



それからそれから、原作者の上橋菜穂子さんから読者へのメッセージ。↓↓↓↓↓


上橋さんからのメッセージ NHKドラマ『精霊の守り人』、クランクインしました


とにかく嬉しい発表でした!(^^)
で、ほんとに驚いたんですが、どの方も原作のイメージにぴったり!!なんです。これは、制作者の並々ならぬ意気込みを感じます。NHKの報道に対する姿勢が今世間で侃々諤々されてるんですが、ドラマ部門のこの辺りは頑張ってる感じがすごく伝わってきて本当に嬉しいです。

来年の春から放送で、3年かけて守り人シリーズ全12巻を網羅するそうです。そう、12巻なんですっ!!外伝の『流れ行く者』や『炎路を行く者』も入ってるんです!

てことは、生きてる時のジグロとちっちゃいバルサ、タンダも出てくるってことなんですよね。(^^)

それと、ちょっと楽しみなのが、シリーズ全編てことは、チャグムも成長するはず。チャグム役の小林くんは成長するそのまんま同じ俳優さんがやるのかなぁ?と。昔の『北の国から』みたく。あ、でも、ちょっと年数足りないかな。。最後、チャグムはむちゃくちゃかっこいい男子に育っているはずなので、小林くんがそこまで年齢いかないかもだし。。なんて、いろいろ考えちゃうわけなんです。。

私が心奪われてるジグロは、吉川晃司くんだそうです。
吉川くんは黒い人ってイメージなので、清潔なイメージのジグロとはどうかなぁとは思うんですが、ま、そこんところも楽しみにしておこうと思います。

それと、今度は上橋さんが書き込んだいろいろなおいしそうな食べ物が本物になって出てきて、出演者が食べてる!ということになるそうなの(当たり前ですが)で、そこも楽しみだし、宮殿の中とか外とかセットもどんなだろう?と気になるし、もちろん!はるかちゃんのアクションも超楽しみ!

来年まで待てません。。。はあと

ghost in the shell


ちょっと評判がよかったので、観に行ってきました。
んで、感想はというと。。。

100点満点中50点。(笑)

う〜ん、どうしても私は後藤さんの素子が一番好きだし、今回の映画版、キャラデザが不安定であまりきれいじゃなくて、そこんとこも気になりーのだったので、そんなことと、ストーリーがただの勧善懲悪で単純すぎる、とか、、いろいろ不満がありました。押井監督の劇場版も神山監督のTVシリーズも、敵を倒してもなお、その先にまだ複雑な状況は残り、深く考えさせられるものがありました。それが攻殻の醍醐味だと思ってたし。そうでなきゃ、観てなかったし。

今回の音楽はコーネリアス(小山田圭吾)。悪いけど、川井さんに負けてる。菅野よう子さんにも負けてる。細部に渡って新しい!と思えなかったから。

声優陣も一新されてますが、押井さんや神山さんの作品で固定化されてた声優陣の表現とかなり重なってて(つまり、全部似せてる)、それ以上のことはできんのか?と思いました。それだったら、坂本真綾はともかく、バトーの大塚明夫さん他、昔の人たちに全部やらせてもよかったのに、と思います。

劇場でこれ観ながら、なんで押井守監督が最初に作った"GHOST IN THE SHELL”が良かったのか、なーんとなくわかりました。良いどころか、"何回も観たくなる、ものすごく魅力的な映画なんだな、あれは。”と再認識してしまいました。

初めて"GHOST IN THE SHELL"を観た時、ものすごくびっくりしたのは川井憲次さんの有名なあの音楽。サイバーパンクなストーリーなのに、日本風の曲 + ブルガリアンヴォイス風の声を乗せた、それまで聞いた事もない美しい曲が静かに奏でられ、映像は素子の義体をメンテナンスする様子が映し出される。しかも水を使った印象的な場面仕立て。考えてみたら、最初からエロティックな印象の、とても惹かれる場面がずーっと最後まで続いていた気がする。胸が大きかったからエロティックとかそういう意味ではなくて、エロティックな何かがずっと映像に流れていた、と、今日新劇場版観ながら気がついた。後から知りますが、押井監督によると、あれは恋愛映画なんだそうです。う〜ん、それにしてもそれ以上のものがたくさん詰まってる気がするんだよなー。(とにかく、後の“マトリックス”で"GHOST IN THE SHELL"の場面をたくさんパクッてるので、新しかったんでしょうね。サイバーパンクの映像表現として。)

あ、“新”の最後、おかしな場面があった!
結局、押井監督の最初の場面につながるんだけど、あれは違うでしょ。
なんであそこに9課の荒巻課長が出てくるんだ?
公安6課の中村部長が出てくる場面でしょーが。
あんなことしたら矛盾しちゃうもん。あの時点でもう9課が出来上がってたはずなのに。
なんでそうしたんだろう。。。?

そんなこんなで、今日は入場券買ったら、おまけをくれました。帰ってから開けてみてびっくり!素敵なおまけだったぁ〜〜。嬉しいーーっ。気になる方は、映画館へ。(笑)

さて、また押井監督の"GHOST IN THE SHELL"、観るぞ!


JUGEMテーマ:映画


いっそがしくて、更新できなくて、う、う、う。(+_+)

最近、映画観てないなー、とか。
あ、でも、“小さいおうち”は観て、う〜ん、最後があんまり好きじゃなかったなぁ、とか。。

でありますが、今頭ん中は新しいことへの準備でごっちゃごちゃでございます。
宣伝、看板、ロゴ、キッチンカウンター、ベンチ、黒板ペイント、mtCASAテープ、トイレの内装、床ワックス、その他もろもろもろ。。。。

大丈夫かな、私。(+_+)

信じられませんが、今年もあと20日余り。。
来年の4月からは仕事の拠点ができあがるのでそこからいろいろ発信しようと思ってはいますが、今、ちょっとちゅうぶらりんな私でございます。。

どうなるんだろ。(+_+)

るろうに剣心


もう、超かっこよくてっ!!
あの最後の最後の演出は、何っ!星
あんな見せ方されたら、続編観に行かないわけにいかないですよ。(笑)

今回の京都大火編は、健くんのアクションもよりハードに、出演者の豪華さもより華麗に、美術&演出のスケールもよりでかくなっていて、確かに全体的にスケールが大きくなってました。殺陣のアクションも日本独自のものだし、これだったら海外でもウケルかもな、と。。(でも本当は、大友監督だったら漫画の実写化よりも普通の物語を実写化してもらったほうがいいなぁと思うところはありますが。。時折見えるマンガちっくなところがちょっと気になる私です。。)

剣心て“不殺の誓い”をしてるけど、そうはさせない勢力があって、思わず人を殺してしまいそうになる時がある。でも、それをさせないように薫殿が近くで見守るって形ですよね。“不殺の誓い”は“精霊の守り人”の女用心棒バルサみたいだな、と思いながら観てました。

女性軍でよかったのは、私は剣心の相手の薫殿より恵役の蒼井優ちゃんが今回も優秀賞。この人は、ひ弱で可憐な役よりもちょっと毒気がある感じのほうがぴったり来るなぁ、と実感する。

男性軍では、伊勢谷くん!がんばってたわぁ。
殺陣をやるのは“CASSHERN”以来だと思う。(あ、“龍馬伝”以来かな。高杉晋作、ちょっとだけ殺陣やったかも。。(^^;))しかも、小太刀二刀流って刀2本同時に持って戦う特殊な殺陣。なかなか大変だったみたいだけど、田中泯さんの翁と戦う場面、二人共すごかった。最強でした。

志々雄役の藤原くんも怖かったわぁ。
殺されたのに生き返るってのは、なんとなく手塚治虫の“どろろ”のような雰囲気だなと思って観てました。うん。この人の中に流れていたのは妖刀に振り回されて人を殺さずにはいられないあの“どろろ”の中の田之介のような、そんな感じだなー、と。

ま、何はともあれ、終わりよければ全て良しで、最後の最後が凄かったですよっ、皆さん!(笑)
もう、かっこいいったらありゃしないっ。
映画館で叫びたくなりましたもん!!!
ほんと、あれはよかった。
続編“伝説の最期編”どんな展開になるのか、ものすごく楽しみだ。(^^)


JUGEMテーマ:映画


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou
  • 西田社中。
    lutea
  • 西田社中。
  • 東北太平洋沖地震に寄せて
    lutea
  • 東北太平洋沖地震に寄せて
    かぁりー
  • ご来訪、ありがとうございます。
    lutea
  • ご来訪、ありがとうございます。
    T−800

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM