一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



この映画に行ってきてもう4日経ってるんですけど、まだ興奮覚めやらぬってとこでしょうか・・・。映画館が家にないので(・・;)、しょうがないのでまた原作読んだりして。(笑) あの原作は、“GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊”や“攻殻機動隊 Stand Alone Complex”を観るたび読むと、どんどん内容が理解できていい感じです。初めて読んだ時は、言葉がよく理解できなくて何のことやらさっぱりで大変だったんですけど(初めて素子をやった時の田中敦子さんみたく・・・。(・・;))、今は大手を振ってすいすい読めるのでとても嬉しいです。(^^)

さて、パンフの中で気に入ったところと言えば、川井憲次さんが作詞・作曲、西田社中さんが歌われてる歌の全貌がわかったことと、素子やバトーのせりふが英語になってるところ。(^^) (英語のせりふ、いい感じに訳してあってかっこいいです。)でも、このどちらも昔のパンフのの中でやってることなんですけど。。で、今回は映画の冒頭で十二支の文字が出てきますが、この他にも意味ありげな文字が出てきます。これから映画をごらんになる方はじーーーっと瞬きせずに(>_<) 見ておいてください。何かが発見できます。(^^) ちなみに十二支のビル群は、オリジナルの美術設定の中にあったものだそうで、リニューアルでもできるだけ当時のモチーフを生かすようにしてあるそうです。

この映画を観終わって心の中に残ったのは、やっぱり私は素子が大好きで、思いっきり抱きしめてあげたくなる気持ちでしょうかね。。最後、あんな場面だったにもかかわらず。(^^)

"Who are you? Who slips into my robot body and whispers to my ghost?"



行ってきました。
大変でした。
何がって、、、

名古屋、初日2回目、満席でした・・・。
チケット売り場で、『“攻殻機動隊”は、ただいまお席が残り少なくなっておりまして。』と言われて見せられた座席表には、最前列と2列目だけが残ってて・・・。(・・;) 夕べケチらずにwebでチケット買っておくんだった・・・。私の見方の甘かったこと、甘かったこと・・・。結局、精一杯その時に一番いい席(て言っても2列目・・。)を取って、一安心。チケット売り場の”座席残り少なくなってるサイン”を見たときは、もうドキドキでしたから。。この回を逃したら、次の回は夜の回になって、7時間も名古屋市内をうろうろしなくちゃならなくて・・・。東京だったら、確か舞台あいさつの14時ごろのがあったと思うんだけどな。。名古屋は違うのね、と。

あとですね、チケット取れてほっとしたその後、『あと30分あるよ。何してようか、、、』とうろうろしていたら、ふとパンフのことを思い出す。『そうだ、パンフ、買わなきゃ。確か復刻版が載ってる特別なやつだったよ。』と、パンフレットを探してうろうろしてると・・・。

あら?なんか、“攻殻”のパンフを持ってる人がわんさかいる!!
え?もしかして、皆さん買ってる??
え?ぼけぼけしてたら、欲しかったパンフレット、無くなっちゃう!!!
慌てて売店に行くと、たくさんの方が我先にと、棚にある“攻殻”のパンフレットをがばがば掴んでるっ!!2冊いっぺんに掴んでる人もいるぅ〜〜。
こりゃ大変、てことで、私も思わず1冊掴みました。
『やった!』
と、その1冊、なんとその棚にあった最後の1冊だったんです。。(^^)
よかったぁ〜〜〜〜。祝

で、復刻版の表紙が、これ。

復刻版は、13年前のオリジナルパンフレットをそのまま復刻させているそうです。
士郎さんの言葉とか、まだ“攻殻”の世界が世の中にはびこってなかった頃なので、その説明をいろいろしてる感じがします。あ、それと、ちょっとレアかなと思うのは、イメージソングなるものの歌詞が書いてあること。歌ってるのは、樋口紗絵子さん。どんな曲だったのかこれだけじゃわからないとこがナンなんだけど・・・。(・・;)

遂に、素子、もとい、田中敦子さんのブログサイトで『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 2.0』のアフレコ風景が連載されるようです。(^^) 待ってました!って感じです。

田中敦子のCafe*Central Park

4月の末にアフレコが行われたそうですが、田中さんも解禁まで待ってたようです。

ちなみに、こんなショットもあります。

S A C な四人

えっと、右から、素子役:田中敦子さん、バトー役:大塚明夫さん、ボーマ役:山口太郎さん、サイトー役:大川透さん。(^^) ボーマは大男で爆弾にめっぽう詳しくて、いつもウィルスにやられてて、、って印象のちょっとかわいくてかわいそうなキャラなんですけど、実物は男前ですよね。下のほうにスクロールしていくと、川井憲次さんも登場しています。(笑)

押井監督とのツーショット、素敵です。
でも、田中さんのブログ読んでると、いろんなかわいいマークがたくさん散りばめてあって、書いてある文章もかわいいんですよ。なので、この人があの少佐:素子を演じてるって感じが全然しなくて・・・。DVDのインタヴューの中に出ていた田中さんは、もうちょっとクールっぽい方かしら?と思ったんですけどね。

何にしろ、楽しみです。(^^)


(C)1995・2008 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・
MANGA ENTERTAINMENT

押井守監督が1995年作の"GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊"を全カット完全リニューアルし、7月に劇場で公開するそうなんです!!! えええっ!もしかして東京だけぇ??と思ったら、よかった、名古屋にも来る・・・。(ほっ。) 全編、最新デジタル技術で映像も音響も復活するらしいです。でもって、あの謎の“人形使い”に、押井監督作品ではおなじみの榊原良子さんがアフレコされるそうです。 オリジナルでは家弓家正さんがやられてて、私はかなり好きだったんですけど。。ちなみに、この前ナウシカ観てたら、なんとこのお二人が敵のトルメキアのクロトワとクシャナで共演なさってて、びっくり!でも家弓さんは、人形使いのあの謎めいたお声のほうが好きでした。(人形使いが入った義体は女なんだけど、声が男ということで、それがおもしろかったのもあります。) 榊原さんがやられても、きっとすごくよさそうだけど。

『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 2.0』

スカイ・クロラ公開記念だそうです。
上のところで攻殻リニューアル版のTrailer、観れます。ちょっとゾクっとするほどよさそう。。(>_<)

押井守監督が監修されたそうです。
以下、IGのサイトから。

--
5月18日(日)に第1回放送を迎えるNHKスペシャル『沸騰都市』シリーズのオープニングおよびエンディング映像を押井守が手がけたました。
『沸騰都市』のイメージを映像化したもので、演出・3DCGを佐藤敦紀(Motor/lieZ)、音楽を川井憲次、モチーフとなる「沌」という文字を西尾鉄也が担当し、『沸騰都市』のテーマである激動する世界・都市をあらわしています。
--

すごいすごいっ!
“スカイ・クロラ”“イノセント”の西尾さんもスタッフに入ってるー。(笑)
川井さんが音楽って言うのは、もう当然だとは思いますが、これは期待できそうです。

NHKのサイトは、NHKスペシャル、です。(^^)

この情報、ちょっと前に掴んではいたんですが、、、
そう、明日なんですよねぇー。
思い出しておいてよかったぁ〜〜。

“僕にとって、『虚構』は『現実』に比べて、なんら価値の劣るものではない”

押井守監督の語録が“スカイ・クロラ”の公式サイトにどんどん載せられています。で、どれもいいなぁと思うのですが、7番目のこれはとてもわかる気がします。

自分の中の現実って、他人から見たら違うものに見えたりするだろうし。じゃあ、現実が現実である証拠って何?とも思うし。。結局客観的に観察されたものでなければ現実というものの存在が浮かび上がってこない。。でも、人間はどの人もその人が観た・考えた・感じた・認識したことからでしか物事を見ることができないんだから、人間がある事象を完全に客観的に観察する術なんてあるわけがない。なんてね・・・。この辺りは、黒澤明監督の『羅生門』を観たら、こんなことを考えたくなります。(笑)

ああ、話が逸れた。『虚構』と『現実』ですね。(^^)
人間て、上で書いてるように、所詮自分で見て感じて考えて認識した結果の事象を脳が作り上げて、それを基にして生きているんだから、夢でも現実でも、どっちもその価値は同じなんだろうな、と思います。つまり、押井監督の言葉に共感を覚えます。

なんか、ごちゃごちゃ書いちゃったな。わかりにくいっすね。。

その1.
このビデオは、YouTube観てる方はもうご存知かもですが、とりあえず。。映画"The Matrix"(1999年作)と日本のアニメの関係についていろんな関係者(?)が話してるものです。"Akira"と"Ghost in the Shel / 攻殻機動隊"ともう一つ日本のアニメ作品が出てきます。英語で言ってますけどちょっと我慢していただいて、と。(笑) 注目すべきは途中に出てくる押井守監督の"Ghost in the Shell"(1995年制作)とその後に作られた"The Matrix"(1999年制作)と比較しているところ。“いやだぁー、真似した箇所がこんなにあったの???”と、改めて驚かされます。(笑) "The Matrix"のウシャオスキー兄弟はこの押井監督の"Ghost in the Shell"が大好きだった、らしいですからね。。他にも"The Ghost in the Shell"に影響を受けた外国の監督がいろいろいるらしく、素子の有名な屋上から飛び降りるシーン、どっかの映画で使われてるらしいです。。(よくわからないんで。。どなたかご指摘お願いします。。)



押井守監督って、ほんとにすごい監督なんだなぁと思います。

その2.
こちらは、神山健治監督のほうの“攻殻機動隊 Stand Alone Complex”のほうで印象的な音楽を作ってた、菅野よう子さんのお話。私は彼女のファンではありますが、あまりコアなほうではないのでよく存じてなかったんですけど、彼女の旦那さん、あの“世界の車窓から”の溝口肇さんだった!!(なんか、最近のうわさでは離婚したんじゃ?と言われてるらしいですが・・・。)もう、びっくり。私、両者が共同で音楽を制作されてる"人狼 - JIN-ROH"、観てます。ちょっとエグイ話なので、あまり好きではなかったですけど。。知らずに聞いてたんだわ、溝口さんと菅野さんが作った音楽。パンチ

彼女の曲を歌ってるGabriela Robinと彼女が同一人物では?とまじめに言われてることもびっくりでしたけど・・・。(ほんとかなぁ?)菅野さん、びっくり話でした。(・・;)

これは、“ターンAガンダム”のコンサートライヴの様子です。攻殻でおなじみのOrigaが“Moon"を歌っていて、オーケストラを指揮してるのは作曲者の菅野よう子さん。(かわいいのよね。) オリジナルではGabriela Robinが歌ってるこの曲、ここではGabrielaは出てきません。Gabrielaはとにかく公には顔を見せたがらない人らしく、彼女の写真はどこを探してもない。(>_<) うわさで、本当はGabrielaなんて存在せずに、これは菅野さんが歌ってるんじゃ?なんてアホなこと抜かす輩もいたりして。。ま、それはいいとして、そのGabrielaの代わりにコンサートで歌ったのが、Origa。本当にきれいな歌声でうっとりします。(菅野さんは、Origaの声を“世界一好きな声”と言っています。)



たまに聞きたくなる、この歌。。(ターンAガンダム、観たことないんだけど。(笑))
ちなみに、Origaはこの時妊娠してたらしく、お腹のあたりがちょっとふっくらです。(^^)

フロンティア『エカテリーナ2世〜近代ロシアを築いた女帝の生涯』

この番組、BShiの番組なので普段は観れないんですけど(・・;)、どうやら昨日BSのほうでやってたみたいで・・・。で、何がショックって、この主人公エカテリーナ2世を、あの『攻殻』の素子役をやられていた田中敦子さんが14歳から亡くなるまでをアテレコされたんだとか・・・。(T_T) 昨日、新聞のTV欄を見て気になって観てみようっかな〜と思ったんだけど、すぐに忘れて観なかった・・・。(・・;) 私、勘だけはいいんですけど、、、、観とけばよかったよぉーーーーー!!! おもしろそうだったし。

BSの番組って、NHK総合のほうに来ることありますよね?
期待してるんですけど、NHKさん!!



はい、“攻殻機動隊S.A.C.”のフェアでございます。(^^) ちょっと前にここでご紹介しましたが、早速お店に行って、チラシだけげっとして参りました。(・・;)

攻殻機動隊 S.A.C. フェア公式サイト

でも、買うものはほとんど無く・・・。だって、原画集も笑い男カップもAmazonで予約しちゃったし・・・。本当は素子のフィギアとか欲しいけど、高いし。。(・・;)(・・;) なので、チラシだけです。

で〜もっ!!!
ごらんのように、チラシの中に後藤隆幸さん書き降ろしの素子のイラストがあるぅ〜〜〜〜!!! すごく得した気分なのです、はい。早速ベッドのところに貼っちゃおうと思っている私。。(・・;) 大きさもなかなかいいです。(^^) こんなことするの、何年ぶりか・・・。(遠い目)

し・あ・わ・せ。。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 獣の奏者 III 探求編
    lutea
  • バルサとタンダ
    lutea
  • 獣の奏者 III 探求編
    エリン
  • バルサとタンダ
    エリン
  • バルサとタンダ
    lutea
  • バルサとタンダ
    エリン
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM