一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



アメリカからやってきたこの糸の名は Puffin。
ブラウザの名前じゃないっすよ。(^^;)
あのぷくっとしたかわいい鳥のイメージの糸ってことだと思います。

その名の雰囲気そっくりで、触った感じがぽよ〜〜んとしてしかも暖かい。。
アメリカ製の製品なんてあまり聞いた事がないと思いますが、この会社はがんばってるんです。

その思想が好きで。
この帯の裏に会社創業当時のことが書いてあって本当に素敵なんですよね。
昔はアメリカも製造業が盛んな頃があり、ニューイングランド地方(アメリカの北東部。ニューヨーク州の北側。)には羊毛を紡績する工場がたくさんあったとか。でも今はその産業も斜陽ぎみ。。で、なんとか盛り上げたいというそういうことがあったみたいです。そこの工場のオーナーとニットデザイナーがたくさんおしゃべりをしてできあがったのがこの糸というわけ。(他にもいろんな糸を売ってます。)

糸を売るだけじゃなくて、ニットデザインも手がけていて、それが本当におしゃれで洗練されていて、そのセンスの良さには目を見張ります。webでしか見られないけど、その糸を買ってニットを作りたい、と思わせるんですよね。

Quince & Co.,

どうぞ、ご覧あれ。

今、ロックに夢中なのは、40代〜50代(もしかしたら60代も)という、おじさん、おばさんの世代なんだとか。

確かに私の知り合いは、おじさんロックよろしく素人バンドを立ち上げて活動してる人がたくさんいる。。昔、夢中になったロックミュージック。10代、20代の頃、大好きだったもの。だから、あの頃の熱い気持ちが忘れられなくて、今でも高いギター買って、高いアンプや付随する様々な高い機材を買って、バンドを組んでロックしてる。。

ふと思うんですが。
てことはですよ。
この40代〜60代のロック世代がいなくなったら、ロックミュージックってものを体現してくれる人がいなくなるんじゃないの?と。

ああ、ロックって無くなっていく音楽ジャンルなんだ。。と。
最初 Rebel(反抗者)の音楽だったロックが成熟して、それも過ぎて黄昏れて、なんとなく終わっていくのかぁ、と。思うわけです。

強烈なパワーのあるロックミュージックの渦中にいた私は、今の、ロックをあまり知らない世代の子や、もっと前のロックをただの不良の音楽としか認識できないでいた世代のことをかわいそうだな、と思っていたんです。あの心が震えるほどの音楽を認めることができないなんて、本当にかわいそうだ、と思っていた。でも、悲しいかな、この音楽は長い歴史の中ではパッと出て、さっと去っていく運命の音楽だったんだ、と思うと、切ないです。とても。

すいません。。
45日更新で。(+_+)

個人的に、今年はちょっぴりですが動けた気がします。
新しいプロジェクトに向かって、一人じゃ何もできないこともじっかん。。
だったらどうすりゃいいの?
てのが、まだうまく見つかっていません。

世の中なんだか暗い方向に向かっているとしか思えない昨今。

でも未来に向かって行く時、キーとなるのは“女性”“明るい気持ち”だそうです。
新島襄が、国を想う、その“国”とは、『目の前にいる人』だと言ったとか。。
新島襄って素敵すぎますよねー。

そこが生きていくのに気持ちよく、食も足り、安心して生きていける場所ならば、自ずからその土地を愛する心は出てくると思います。“自ずから”ね。

とりとめもない戯言ですいません。

ということで、皆様、よいお年を。

新しいサイトを作ろうとWordPressというものを使って頑張って構築してたんです。自分のサイトを。

ドメイン料金とか、ウィジェットの中には料金が要るものもあって、それでも少しでもいい感じのものが作りたくてがんばってましたよ。ええ。そしたらっ!

さっき、無料のWordPress blog というものを発見。。
blogかぁ、もう一つ作りたいのがあったから、作ってみようか、と登録。
そしたらなんと、それはほとんど WordPress 仕様のもので、使い方が一緒じゃん!
固定ページができないのかと思ったら、それもできる。
えーーーっ??ですよ。

無料だと“これこの料金でできますよ”とか“こんなのこの料金でいかがです?”てのがたくさん出てくるけど、そんなの全部無視しとけばいいわけで。最初からこれ使ってたらドメイン料金とか無駄なもの、要らなかったじゃーん。与えられるドメインで全然良かったもん。

知らないって損だなぁと思うんですよねっ。もうっ!(怒)

“あまちゃん”の大女優・鈴鹿ひろ美。

みんなの思惑・予想、その他諸々の妄想を全部はねのけ、クドカンさんがすごい説を投入してくれました。鈴鹿ひろ美は本当は歌える人なんだけど、それをずっとひた隠しに隠して、音痴だっていうことにしてきた。25年以上も。女優として、真のプロだった、と。。

『秘密は絶対にわからないようにしなきゃね。』みたいなことをアキに言ってたよね。あれは恋愛だけのことじゃなかったのか。欺くのは身内からっていうのも聞いたことあるなぁ。

この最終週の土壇場で、毎日目が離せなくて大変!あまちゃん。

となると、春子や太巻はもちろんかわいそすぎるけど、鈴鹿ひろ美もずっと贖罪の念に苛まれていたはずだわ。春子が影武者やっててくれたことがわかった時に春子の前で謝ったけど、それは自分が犯したことの半分でしかない。誰かが言ってた。“体を奪われた春子と声を奪われた鈴鹿ひろ美”って。二人とも人魚姫だったんだって。

でも、鈴鹿ひろ美はまだ罪を完全に清算できていなかった。

『私はまだ渦中にいるの。』

本当の姿をちゃんと表に出し、かつ、東北の人たちに役に立ちたい、と思ったんでしょうね、鈴鹿さん。それで、海女カフェでリサイタルしようと思ったんだ、きっと。

真相は鈴鹿さんにしかわからないってアキもナレーションで言ってたけど、でも、それでいいのかもしれない。春子にだけ伝われば。春子は体を奪われたことで不幸になるどころか、優しい旦那さんを得て、アキを授かったわけだし。

この話、主人公のアキの物語だけじゃなくて、いろんなテーマが複雑に絡み合ってて、しかも、一つ一つが奥が深くて。。

宮藤官九郎、脱帽だわぁ。

下で書いてる“あまちゃん”の若春子の答えが今日出ました。
もう、感動ものだわぁ。。
クドカン、ものすごい天才!としか思えない。

Field of Dreamsだと、"If you build it, he will come."なんだけど、日本語にすると "he" は “奴”で、まぁ、汚い表現だけど女性にも使えるかな、と。その通り、sheは来ました。海女カフェに。そして、長年のコンプレックスで世間にはひた隠しにしていたうつろいやすい音程。それを克服した。自分の力で。
そう、自分の力でってとこがいいんだよなー。影武者もなんとか舞台袖でスタンバッてたのに、ちゃんと自分の力で克服して、それをみんなに披露。そして、若春子の幻影も、もう出なくなった。。
泣ける。。

みんなの“セーラー服と機関銃”に対する解説を聞いてたら、自分の中でも腑に落ちました。『ああ、この曲もともと鈴鹿ひろ美の曲だったんじゃん。元の持ち主に返してあげたんだ。』って。だから、若春子も出なくなったんだ、って。アキに海女カフェで若春子が『潮騒のメモリー』のジャケットを見せたのは、“海女カフェ再建して鈴鹿さんを呼んで、鈴鹿さんにこの歌を返してあげて。”って言ってたんだ。

なんか、やっぱり泣けるぅ〜〜〜!

それにしても、薬師丸ひろ子の歌声をようやく聞く事ができました。
感動的。。
これを待ってたのよ、私は。
ものすごいサプライズ。
最後の最後まで、1回も見逃せませんって、本当だなぁ。。ペコちゃん

“あまちゃん”にこの映画で使われたフレーズが出てきたので、気になって観てみた。映画好きな私がなんでこの映画を観てなかったかというと、Kevin Costnerが好きじゃなかったからですね。(+_+)
ま、それはいいとして。。

“If you build it, he will come."

畑でこの言葉を聞いたから主人公がコーン畑にいきなり野球場を造っちゃうんだけど。。う〜ん。。。

世間の評価とは相反して、私にはただの夢物語?にしか見えなくて、それほど感動しなかった。(チャンチャン!)

ただ、いろいろ考えちゃったな。
“あまちゃん”のあのシーンはどういうことなのか。

津波でぐちゃぐちゃにやられた海女カフェでアキの目の前に若春子が現れて、おいでおいでして汚れた“潮騒のメモリー”のジャケットを見せてにっこり笑う。結構好きな場面なんだけど。。

アキに海女カフェ再建して歌いなってことかなー、やっぱり。
思いっきり普通な解釈だけど。

夢ばかりの"Field of Dreams"より、私はやっぱり現実に夢を載せて、みんなで頑張ってる物語のほうが好きです。

にしても、アキと種市先輩は、どう見ても恋人同士じゃないのが残念だなぁ。

出ました。
ハードカバーが出てから4年4ヶ月。
文庫になるって、時間のかかることなんですね。。

大好きな上橋菜穂子さんの『守り人シリーズ』の外伝。
これに関しては、このブログの『流れ行く者・・・』で感想をご覧になっていただいて、と。。(笑)
書き始めると止まらなくなるくらい好きな本なので、そういうことでよろしくお願いします。m(_ _)m

ハードカバーと文庫の違いって、やっぱりカバーの絵が違って楽しいのと、あとは物語の後ろにある解説でしょう。今回は漫画家の幸村誠さんがされてるらしい。。う〜ん、プラデネス、よくわからない。。けどま、多分この方、上橋さんのファンなんでしょう。(笑)

本編では生きて出てこないジグロと幼いバルサの放浪の旅での悲しいエピソード3編と、最後に1編ほっとするエピソードで構成されています。守人シリーズ知らない人でも楽しめると思います。文庫だからお手軽・お買い得になってます。是非お手に取ってみてください!(^^)

JUGEMテーマ:読書



PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou
  • 西田社中。
    lutea
  • 西田社中。
  • 東北太平洋沖地震に寄せて
    lutea
  • 東北太平洋沖地震に寄せて
    かぁりー
  • ご来訪、ありがとうございます。
    lutea
  • ご来訪、ありがとうございます。
    T−800

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM