一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

動物話その1:
フクロウが鳴いてるんです。最近。真夜中11時とか12時とか。
”ホウッ、ホッホホウッ”てな感じでしょうか。
あまり強い口調ではなく、結構弱々しい感じの音です。
家族に話しても最初は信じてもらえなかったんですけど、親が電子辞書でフクロウの鳴く声を調べたら、私が毎日聞いてるあの音が出てきた!“それよそれっ!その音がするんだってば!”ということで、フクロウだと確定しました。
丘のような山が家の上のほうにありますが、どこで鳴いてるんだろう。。なんでここなんだろう?と不思議です。

動物話その2:
ふた月くらい前でしょうか。
家の隣の雑草で覆われた空き地に、うちの万ちゃん(犬)が散歩中やけに入りたがり、何だろう?と思ったんです。で、私も興味を引かれたので、万ちゃんの足の向くままついていくと、そこにはたくさんの藁で見事にまあるく作られていたネグラが。。そこで万ちゃん、思いっきり吠えたてまくります。

その先にいたのはよくわからない物。
最初私それ帽子かと思ったんですよね。グレーの毛でできた。
でも、そのうちきょろっとした目が二つ浮かび上がってきて、何かの動物とわかります。

そうしてるうちにあまりにも万ちゃんの吠えたてる声がうるさいもんだから、その帽子に浮かんだ二つの目は、のそのそとお尻をこちらに向けて立ち上がり、仕方なさそうにあちらに歩いて行きました。

かわいそうだったのは、お尻から足元にかけてざーっと毛が抜け、赤い肉が見えていたこと。このあたりでけんかでもしたのか、傷ついていたんですよ。やっとの思いで敵から逃げて、ふかふかの寝床を作ったのに、そこで養生してたのに、万ちゃんに見つかっちゃったもんだから、仕方なく出て行かざるを得なかった。。。ごめんね。かわいそうなことして。多分、狸だと思います。今でもその寝床、ちゃんと残ってるんですよね。

JUGEMテーマ:日記・一般


去年の秋ごろからこの番組を知って、それ以来家族中で大好きな番組になってます。(今は年末年始のお休み中です。)

火野正平さんと番組スタッフの方々が、視聴者からいただいたお手紙にある心の風景を自転車で旅する、という番組。訪ねる場所はお手紙の方の個人的な思い出の場所なので、ほとんどが名も知らない観光地でもない場所。高台だったり田んぼや畑の真ん中だったり、山の中だったり…。でも、お手紙の方の想いと相まって、どの風景も本当にすばらしく、行ったことがない私までもが毎回感動してしまう不思議な番組です。

この番組が普通の旅番組とちょっと違うのは、BGMが少なくその場所にある音を消さずにそのまま番組の中に入れてあること。テロップも滅多に出ません。その場面のイメージに合ったとても素敵な曲はかかるけれど、それは本当にそのイメージにぴったりな場面だけで音量は控えめ。あとはひたすら流れる風景と火野さんの自転車に乗った後ろ姿と、たまに寄るご飯どころやカフェの場面、Bカメラさんから撮った火野さん一行の自転車走行風景と、それだけ。シンプルこの上なし。しかも映像から聞こえてくるのは、正平さん達の自転車が風を切って走るタイヤの音、横を車が走って行く音、鳥の声、その辺の番組に全く出てこない関係ないおばちゃん達のおしゃべりの声まで、そのまんまの音しかない。画面を見てるだけで、まるで自分達も一緒に自転車で走っているように感じます。すごく気持ちいい。

最近この番組は密かに全国で流行っているらしく、行く先々で正平さんのことを『いつも観てますよ!』『正平さん、大好き!』とそばに寄ってくる方々も多数。おばちゃんだけじゃない。本当に老若男女、どの世代も男女問わず、なんと赤ちゃんまで正平さんのことを支持しているのがわかる。あそこまで人に愛されてる人ってそうはいないんじゃないかしら。

人柄がいいんですよ。さすがに昔いろんな噂が立ってた人だけあって、若い女の子は好きなんだろうなーという場面も多々見受けられますが(笑)、それだけじゃない。おごらず、シャイで、でもお手紙の方に対する真摯な態度と暖かい心がとてもよく伝わってくる。橋の上など高所恐怖症なとこも番組的にかっこ悪いはずなのにそのまま泣きそうな顏も出してくれるし(笑)、お手紙の方の心の風景が山の上や急な坂の上とか、63歳の人が自転車で行くには辛い場所もちゃんと登って行ってくれる。はぁはぁ、ぜいぜい苦しそうに『もう止めてくれー』と言いつつ、でも休み休みに。観てる側はかわいそうでたまらなくなる時もしばしばなんですけど。。でも、そういうところも包み隠さず見せてくれる、番組の太っ腹なとこもいいなぁ、と思うわけです。

ものすごく印象的だった回を1つ。
北海道の5歳のお母さんだった方のお手紙。お母さんが5kmの道のりを走った際、5歳の男の子が自転車で一緒にペダルをくるくる回しながら走ってくれた。その子が数年前亡くなってしまった。その思い出の場所は自分はまだとても行けないけど、代わりに正平さん、走ってもらえますか、というものだった。正平さん達一行は、その場所に向かって走り始めるんだけど、途中正平さんがしたこと。ふいに野の花を探し始め、見つけたらそれを自分の相棒の自転車・チャリオの後ろに括りつけて走り出す。その男の子のために。もう、なんてすごい人なんだろう!とびっくりするやら心打たれて涙が出てくるわ。。番組の演出じゃなくて正平さんの考えでそのまま出されたものだな、というのがよく観て取れました。黙々とやってたし。男の子のお母さんが観てたら、絶対嬉しかったに違いないでしょう。忘れられません。

あと、この番組で忘れてならないのは、『火野正平はベテラン俳優である』というのがあると思います。あのしゃがれた低い魅力的な声も含めて視聴者の方のお手紙を読むあの場面はいつも感心させられます。お手紙の文面をちゃんと映してるんですが、きれいな文字の方もいるけれど、読みにくい方もいらっしゃいます。でも、どんな文面でもそのお手紙の方がその場で話しているようになめらかに心を込めて読んでる。あれはプロでないとできない芸当ですよ。正平さん、長年俳優やっててくれてありがとね、って心から思います。

今はちょっとお休みですけど、正平さん、十分養生してまた私達を楽しませてくださいな。
願い叶うなら、愛知にもチームこころ旅、来て欲しいなぁ。。

JUGEMテーマ:日記・一般


ひっさびさのアップ。
今日造ってきました。やっぱかわいいなあ。(すいません。手前味噌。m(_ _)m)

なんだかさっきまで使ってたテンプレートだと文字化けが起こるブラウザがあるみたいなので。。

はい、元通り。(笑)

よろしくお願いします。m(_ _)m

009 RE:CYBORG


ものすごく久しぶりに比較的近隣の街・浜松に行ってきました。
車で行くと、途中遠州灘の浜と平行して走ってる高架のバイパスがあって、海がきれいなんですよね。浜名湖にかかってる橋の上から運がいいと富士山見える時もあります。と、ご当地のうんちくをばちょこっとね。

で、この映画なんですけど、うちの近くの映画館でやってなくて残念です。。(なんでかな。。)

今回、ほとんど前知識もなく3D版を観てきました。

かっこよかったっ!!!

2D版と比べられないんですが、やっぱり3D版のほうがきっとよかったと思います。空中戦のところとか。押井監督の"スカイ・クロウ"よりも好きだったかな。(笑)

何がかっこよかったか。
うまく表現できないんですが、意外で新鮮な場面(映像)が所々にあって、はっとさせられて好きでした。ジョー君が覚醒してフランソワーズを空中で捕まえた後、宙ぶらりんの二人の様子がすごく素敵だったり。諸々の空中戦の映像もよかった。神山監督が作った映像だったから、ってことがあるのかも。あと、神山監督に今までなかったようなロマンティックな場面があったのはちょっとびっくり。(笑) 好きでしたけどね。(^^)

ただ、フランソワーズのキャラデザインは、後藤隆幸さんのほうがよかっただろうなぁ…と。後藤さんの画のほうがイメージが柔らかいんですよね。麻生さんの描く目は大きすぎるし…。最後の辺りにフランソワーズの左目が特殊能力発揮した時変わるんだけど、それまでは無駄に目が大きいなぁーと、気になってしょうがなかったです。。

実は私『サイボーグ 009』の原作読んだことないんです。昔のアニメはちょっとだけ観た事あるんだけど。だから、石森さんがあの9人をどういう風に設定していたのかも知らなかったので、9人それぞれの特徴がうまく活かされてない感じは受けました。あと、石森さんの原作のせいか、神山監督が物語を冒険してないなーと。いつも神山さんは社会的な問題を大枠で提示してきてて、それに関していろいろ考えさせられるところがあるんですけど、ね。

でも、結局私は、ジョーがかっこよかったんで○なんですけど。(笑)

3D版、おもしろかったです。
観に行って損はないと思いますよ。(^^)

寒いですね。。今日ようやくセーターを着始めました。

11月に入ったので、テンプレート変えました。
なぜかもう雪柄。。(笑)
さっきまでちょっと外出していたので、真央ちゃんのグランプリシリーズのショートプログラムを観れなかった!録画を忘れてました。しょっく。。明日のフリーを期待してます。

さて、もう一度言いますが11月です!
あと二月で今年も終わりっ!!

がんばろう。

テンプレート、今月末までこれにしときます。
今朝、ハロウィーンの謎の1つがちょっと合点がいったので、嬉しいのです。
結局日本のお盆と一緒だった。(笑)

なんで先祖の霊が帰ってくるのにそれを追っ払わないといけないのか?というのがハロウィーンの疑問だったんですけど、先祖の霊と一緒に悪霊も一緒に付いて来ちゃうんだそうです。それを追っ払うのにケルトの人たちがいろいろやった、と。日本のお盆でも、先祖の霊と一緒に悪霊が来ちゃうから盆踊りの時に下駄を履いて音を鳴らして追っ払った、と。岐阜の郡上踊り(一晩中踊るんだとか…)でその名残があるんだそうです。

そうだったんだー。
合点がいって、むちゃくちゃ嬉しい。(^^)

ということで、西洋お盆のハロウィーンは今月末。

大好きなGabriela Robin版の”Moon”をどうぞ。(台風来てるから、月見れない。(T_T))



JUGEMテーマ:音楽



PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 獣の奏者 III 探求編
    lutea
  • バルサとタンダ
    lutea
  • 獣の奏者 III 探求編
    エリン
  • バルサとタンダ
    エリン
  • バルサとタンダ
    lutea
  • バルサとタンダ
    エリン
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM