一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

上妻宏光の“生一丁!”というライヴ、行って参りました。
よかった!
アコーディオン奏者の桑山哲也さんがゲストで、マイク無しの生の音で勝負してました。やっぱり楽器の生の音って本当にいい。最後は(会場の半分くらいの人がじじさまばばさまだったにもかかわらず)思いっきり盛り上がっちゃって、アンコールの時なんかまるで“これ、ロックのライヴだっけ?”と見間違えるほど。(びっくり。)
続きを読む >>

評価:
上橋 菜穂子,二木 真希子
偕成社
上橋菜穂子さんの“守り人シリーズ 第二弾”で、バルサの過去にできた心の傷と深く向き合う、かなり深くて濃い内容の物語です。『精霊の守り人』とどちらが好きかと問われたら、実は私は『精霊〜』のほうを選びますが、でも、それにしてもこの物語が語る人間の業欲・怒り・悲しみ・苦しみ・恨み・愛情・誠実さ、その他複雑な感情をこれほどうまく昇華させた小説は、生まれてこのかた読んだことがなかった。最後のエピソードには圧巻させられ胸が熱くなり、心から安堵している自分がいました。

ちびっ子の中に自閉症気味の男の子がいる。Kくん。
もろに自閉症ではなく、あくまで“気味”なので、完全に自分の殻に閉じこもり、外界とのコミュニケーションが全くできない子ではない。周りの状況はわかっているし、自分がいま何をすべきか、ということも時としてしっかりわかっている時がある。

評価:
上橋 菜穂子
理論社
¥ 1,575
Amazonおすすめ度:
最初の2ページを読んで“あ、これもハマル・・・”と感じた物語でした。で、一気に読んでしまいました。

私の憧れる生き方で“忘己利他 = その人のために自分を捨ててその人を生かす”というのがありますが、これはそれを描く純愛ものだと思います。でも、上橋さんの小説なので、主人公の二人は正確には一匹と一人だったり、異世界のことがたっぷり入ってますけど・・・。(・・;)

これ、ハイ・ファンタジー(異世界物語)という児童文学のカテゴリーにはなってますが、原作の上橋菜穂子さんがおっしゃってるように、子どもから大人まで楽しめるような、ほんとに芯のしっかりした大人さえも夢中になれる小説になってます。

小説の中でも、近くにいるのに思いが遂げられない男女のかけ引きのような場面があったんだけど、アニメ版は監督の神山さんがそれぞれのキャラクターをより深く掘り下げているところがあって、主人公の女用心棒のバルサと幼馴染の薬草師タンダの双方の想いが出ている大人な会話がさりげなく入れられていてる場面があります。子ども向けのアニメだと思っていると、びっくりしてしまう。最新の“花酒をタンダに”の回にもそれが出てきて、観ながら思わず、“これって、大人の会話よね。”と思ってしまった・・・。

今日、クラスのちびっ子が『せんせいってにせもののせんせい?』とお聞きになる。その“にせもの”ってとこが意味不明だったんだけど、私、“あ、それもありかも。”と思って、とある空想をちびっ子に話してあげることにした。

『せんせいの本物がここににせものをよこしてあやつってるのかもしれないよ。だから、ここにいるせんせいはにせもの。』(^^)

ちびっ子、横にいたYちゃんと一緒に顔中“???”マークだらけのにやけ顔になっていた。

ウヒ。
どうだ。
今の私は“攻殻”の世界観と“精霊の守り人”の世界観がごっちゃになった異邦人なのだ。マイッタか。おはな

エド・ビショップ,マイケル・ビリントン,ジョージ・シーウェル
草薙素子の髪の色は紫。それ、かなり気になってたとこがあって、なんでかなぁ〜って思っていたら、そうそう、これだったんですよ。これ。“謎の円盤 UFO”。(笑)

写真の右下のお姉さん、この人の髪も紫でしょ? これ、このドラマの中の設定で、ムーンベースって月の上(?)に異星人の攻撃を阻止する基地(SHADO の MOON BASE) があって、その中で働くお姉さん達は髪をこんな風にしてました。で、この人達、地球に戻ると普通の髪に戻すんです。(笑) この“ムラサキ”って髪が、まだちびっ子だった私にものすごくインパクト強くて、好きだったんですね〜。あの髪、本物だったらかっこいいのに、とよく思ってました。地球に帰ってきて普通に戻っちゃうのがつまらかなったっていうか・・・。(笑)

そうしたら、大好きな草薙素子も紫の髪。素子の髪は原作を見ると青だったり紫だったり茶色だったり・・・。(ほんとは何色?>士郎さん。)押井さんの劇場版は黒とか茶色だった気がする。でも、TV版で神山さんが(?)概ね紫にしてくれてたんで、あれが好きだったりしました。(^^)

ムーンベースのお姉さんの髪ボブだと思ってたんだけど、なんか前髪の真ん中がちょっと下げて切ってある? おばあちゃんになったら、私もやろうかな。(^^♪

評価:
上橋 菜穂子
新潮社
¥ 580
Amazonおすすめ度:
しっくりくるアジアのファンタジー
守人シリーズの幕開け・・・です。
やっときた日本人によるファンタジー
一気に読みました。
本当におもしろいっ!!!
今BSでアニメになっている原作なのですが、あまりにもおもしろくてこの女主人公バルサが出てくる他の“守り人シリーズ”も読みたくなってしまいました。この人、どんな人生を歩んでいたんだろう?という辺りが、物語として話されているようなので。あと、バルサを見守っている薬草師のタンダとの関係も気になる。。(笑)

続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

caramel

イケア

IKEA STORE

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

夢の守り人
夢の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

闇の守り人
闇の守り人 (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子,二木 真希子

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 獣の奏者 III 探求編
    lutea
  • バルサとタンダ
    lutea
  • 獣の奏者 III 探求編
    エリン
  • バルサとタンダ
    エリン
  • バルサとタンダ
    lutea
  • バルサとタンダ
    エリン
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    lutea
  • <大事件> 守人シリーズ、ドラマ化される。
    Amy
  • またテンプレ、変えました。
    lutea
  • またテンプレ、変えました。
    milou

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM